ロシア料理に出てくる「パポロトニク」はわらびかぜんまいか。

ロシア東部、いわゆるシベリアを旅すると、スーパーや商店で、日本にもありそうな山菜が売られていて嬉しくなりました。

パポロトニク

写真の値札にはロシア語で「サラトイズパポロトニカ」(Салат из папоротника)、つまり「パポロトニクのサラダ」と書いてあります。何ヶ所かで何回か食べて、いずれもあっさりした塩味で、美味しいものでした。

お肉と一緒に美味しい炒め物になって出てきたのも美味しかった(冷菜なのでこれもサラダとしてメニューに載っていました)。

パポロトニク

パポロトニクのサラダを食べたときは「わらびだねー、美味しいねー」と言いながら食べていたのですが、でも後になってから「ひょっとしてぜんまいっていう可能性はない?」と疑問に。・・・私は毎年春に自生わらびを採って食べているのですがぜんまいはあまり経験がありません。こごみはもっと太くて歯ごたえも強いので除外できるのですけれど、ぜんまいではないという自信がもてなくて不安が生じました。よって、ロシアのパポロトニクはわらびかぜんまいかを検証したいと思い、本記事ではその検証の過程と結論を記載します。

* * *

1)ロシア語Wikipedia「Папоротниковидные」(≫こちら
ロシア語Wikipedia「Папоротник」から自動ジャンプして表示されるページです。シダ類の総称のように書かれています。うーん、総称じゃあ、広いよなぁ~、もっと狭めていきたいな~。

また、「食用になるのは、Pteridium aquilinum、Matteuccia struthiopteris、Osmunda cinnamomeaなどです」と書かれていました(Пищевое применение имеют такие виды, как Орляк обыкновенный (Pteridium aquilinum), Страусник обыкновенный (Matteuccia struthiopteris), Осмунда коричная (Osmunda cinnamomea) и другие.)。それぞれ、わらび、こごみ、ぜんまいを指します。

2)ロシア料理写真の検証
こごみは茎が太くて短い。
ぜんまいはくるくる巻きにワタがつく。
↓わらびは細いしワタがつかない。頭部が小さい。

わらび

ロシア料理の写真を見ると、細くて頭が小さくて、わらびにしか見えない。ぬめっとした食感もわらびでしたし。

パポロトニック

3)Салат из папоротника “Дальневосточная фантазия”(≫こちら
「サラトイズパポロトニカ」(Салат из папоротника)のロシア語のレシピです。

パポロトニク

まず、写真がわらび。決定的に、塩漬けを水にさらして毒抜きをする工程が記載されており、これはわらびの発がん性成分であるプタキロシドの除去方法に一致しました!! よって、普通に「サラトイズパポロトニカ」(Салат из папоротника、パポロトニクのサラダ)と表記する場合は、わらびを使うのが一般的であるように思いました。そしてそれは、現地で何度も見かけている「サラトイズパポロトニカ」(Салат из папоротника)がすべてわらびと判断できるものだったことと矛盾しません。

4)ロシア語Wikipedia「Папоротниковидные」(≫こちら
わらび(Pteridium aquilinum)に「オルリャク」(Орляк)の名が付されています。これをもとにGoogle検索をすると、わらびのサラダのレシピにはよく「パポロトニックオルリャク」(Папоротник орляк)と記載されていることが分かりました。

* * *

【結論】
ロシアの特に東部でよく見る「サラトイズパポロトニカ」(Салат из папоротника)の主要材料は「パポロトニク」(Папоротник)であり、一般にはわらびのサラダである。ただし「パポロトニク」(Папоротник)はシダ類全般を含む名称であり、日本でよく知られるところではぜんまいやこごみも含むため、それらを除外してわらびを示す場合には「パポロトニックオルリャク」(Папоротник орляк)という名称が用いられる。つまり、「パポロトニク」(Папоротник)は広義にはわらび、ぜんまい、こごみ類であり、狭義にはわらびである。

* * *

ロシアのわらびのサラダで最も感激したのは、ゴルノアルタイスクで食べたこれ。

パポロトニク

ゆで肉を刻んだものを少々加えて、塩味で油炒めにし、冷菜にしたものです。夫も気に入ってくれたので、日本でもよく作っています。4月の醍醐味ですね♡



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。