春野菜の和風サラダパスタ

バックパッカー時代よく作ったサラダパスタ。レモンやビネガーなど、酸っぱい材料があるときに、ゆでたスパゲティにオイルを絡めて麺どうしの結着を防いで、あとは酸味でさっぱりと味付けするのです。そのとき手に入る野菜やお肉を組み合わせて。

それまで、「酸っぱいスパゲティー」を食べたことがなかったんだけど、すっかり大好物になりました。「酸っぱい」ことは健康に良い気がして、実際に健康に良いのだろうし。今日作ったのは、梅の酸味を活かした、春野菜の和風サラダパスタです。

三つ葉がたっぷり入って香り爽やか、パスタの下にはたっぷりのレタスがあります♪

和風サラダパスタ

* * *

これはスパイス大使で受領した新商品です。

スパイス

ここには、梅の味、梅の酸味のほか、かつおだしの旨味も含まれています。これだけ味がついた既製品があると、塩も醤油も足さなくて良いし、生野菜をあわせることで健康的な一皿を作りたいと思いました。菜園に行き、そのとき美味しそうな野菜を採ってきます。今日採ったのは春になってぐんぐんと育っている、ミツバと焼き肉レタス(サンチュ)です♪

* * *

レシピは簡単です。
ポイントは、肉や魚などを加えず、春野菜の新鮮な爽やかさと梅の風味と酸味で仕上げることです。

heart『春野菜の和風サラダパスタ♪』
材料(2人分):

スパゲティー
220g
レタス(サンチュ)
お皿に敷き詰める量
梅ペースト(※1)
30g
小2
こしょう
少々
三つ葉
たっぷり(※2)
サラダ油
大1.5
ピンクペパー
あれば少々

※1:このレシピではハウスねり梅を使用。

※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニタープレゼントされたことに基づき執筆するものです。

※2:三つ葉は2人分で30g以上あるとよいです。

作業工程:15 分

  1. 鍋に水(分量外、約4L)を入れ、塩(分量外、約大さじ1)を加えて沸かす。
  2. その間にレタスを洗って水気を取りパスタを食べるお皿に敷き詰めておく。
  3. 沸騰したらスパゲティーを入れて表示時間を目安にゆでる。
  4. その間に、ボウルを量りに乗せ、梅ペーストを計量しておく。
  5. ボウルに酢とこしょうを入れ、スパゲティーのゆで汁を50mLほど入れ、均一になるように菜箸で混ぜておく。
  6. 味見をし、梅味の濃さ加減や塩加減、酢加減を好みに調える。
  7. 三つ葉を洗って2cm長さに切り、ボウルに入れておく。
  8. サラダ油をボウルに入れておく。
  9. スパゲティーがゆであがったら水気を切ってボウルに入れて全体に絡ませる。
  10. レタスの上にスパゲティーを置き、あればピンクペパーで彩って出来上がり。
  11. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

和風サラダパスタ

黒胡椒・ねり梅料理レシピ



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。