天然素材の支柱が良い。支柱には矢竹が良い。

「菜園には土に還る素材を使う。」のが私の理想です。

だから、支柱は矢竹を使います。我が家と近所には矢竹が生えているので、春、たけのこが出る前にまとめて採集して農具置き場にストックしています。今年は31本採取しました。採取してから、農具置き場に数か月でも置いておくと、水分が抜けてしっかり硬くなって、素晴らしい支柱になります。

矢竹

春がすぎると新芽が急成長したようなものでは、強度があまりないので、冬を越して、しっかりと硬くなった矢竹を採取しています。伐採した場所で、竹の皮と横枝としなるてっぺんを除去してきます。長さ2mから5mの支柱が得られます。5mの支柱だなんて長すぎると思われるかもしれないけれど、切って長さを調節できるので長い分には困りません。

矢竹は節が出っ張らず、直径が1円玉くらいでしならず強度大。そして土に刺している間も腐らない。竹だから中空なのでとても軽い。

2、3年は使えるし、使えなくなったら土に還る。良いことづくめです。

夏野菜(ゴーヤやトマトなど)を栽培するには支柱をたくさん使うので、こうして備えがあるのは非常に良いことです。また、支柱の準備が整っていると、夏野菜の栽培も楽しみが増すのです♪

同じカテゴリー「 楽しむ暮らし・菜園」の記事です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。