ヌメリコウジタケのマリネサラダ

ヌメリコウジタケはレモンのような爽やかな酸味と香りがある、私のお気に入りのきのこです。キノコ自体に酸味があるので調理方法が限られますが、ぬめりと酸味を活かした料理を考えるとわくわくします!!

レモンの酸味を活かしてぬめぬめサラダを作ると、ねばねば好きには嬉しい。レシピを掲載します!

ヌメリコウジタケのマリネサラダ

まず、ヌメリコウジタケの基部の土のついた部分を包丁でそぎ落とし、洗います。そして傘は一口小に、柄は斜め切りにします。切ったらさっとゆでておきます。ゆでることでぬめりを引き出すことと、ぬめりに付着した汚れを落としたいので、洗ってからさらにゆでるとよいです。

次に、紫玉ねぎの薄切り、プチトマトのざく切りをボウルに入れ、塩少々とレモン果汁でマリネして美味しいサラダにしておきます。きのこだけがレモン味であっても、まわりに酸味がないとアンバランスになってしまうので、レモン果汁を加えます。そしてまわりの野菜をともに美味しくいただくためにも、玉ねぎやトマトにも酸味をつけるようになじませておくとよいのです。

フライパンにオリーブオイルを多めに入れ、にんにくの粗みじん切りと鷹の爪の輪切りを入れて炒めて、風味と旨味を引き出します。そこにヌメリコウジタケを入れて、ぬめりとオリーブオイルが上手に絡むように優しくソテーします。火が通ったらフライパンの中身を玉ねぎとトマトが入ったボウルに全部あけます。マリネサラダにはオイルが入っていないので、ここでにんにく唐辛子の風味と旨味を移したオイルを、シリコンヘラなどを使って残らず入れると美味しいです。あとはボウルの中をざっくりと和え、味見をして塩加減などを調えて、できあがり。

冷やすと美味しさが増すと思うし、冷やす時間によって全体の味がまとまります;。

食べるときにはバジルを添えると、爽やかなきのこにバジル風味がついてとても良かったです。とても美味しいレストランでいただく前菜よりも美味しいお味でした! 天然のきのこって、やっぱりいい味があります!!

ヌメリコウジタケのマリネサラダ

heart『ヌメリコウジタケのマリネサラダ♪』
材料(2人分):

ヌメリコウジタケ
20本(※1)
紫タマネギ
1/4個
プチトマト
10個
ふたつまみ
レモン果汁
大2
にんにく
1かけ
鷹の爪
1/3本
オリーブオイル
大1.5
バジル
飾る量

※1:天然きのこなので、採取する分量は事前には読めません。よってきのこが多ければ調味料を増やすように調整するとよいです。

作業工程:20 分(冷やす時間を除く)

  1. ヌメリコウジタケの基部の土がついた部分を包丁でそぎ落とし、きのこ全体を水洗いする。
  2. 傘は一口小に、柄は斜め切りにする。
  3. 紫玉ねぎを薄くスライスし、プチトマトを1/2カットあるいは1/4カットし、ボウルに入れ、塩とレモン果汁を入れ、全体を混ぜて置いておく。
  4. にんにくを粗みじん切りにし、鷹の爪を小口切りにしてフライパンに入れ、オリーブオイルを入れて火にかけ、風味を引き出す。
  5. ヌメリコウジタケを入れて、ぬめりとオイルがなじむように炒め、火が通ったらトマトと玉ねぎが入ったボウルに全量を入れる。にんにくと唐辛子の風味と旨味を移したオイルを、シリコンヘラなどを使って残らず入れると美味しい。
  6. ボウルの中をざっくりと混ぜ、味見をし、塩加減や酸味加減を好みに調える。
  7. 冷たいのが好みなら冷蔵庫で冷やす。
  8. 器に盛り付け、あればバジルを飾って出来上がり。
  9. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)
きのこの記事について:我が家は、雪は滅多に降らない(降っても数cmしか積もらない)気候の、いわゆる日本の暖地~中間地で、海際から1kmくらいの、少し周囲より高い場所(標高約100m)の、南向きに見晴らしのよい場所に建っています。西の隣に今は誰も歩かない林道が東西に走り、500mほど西に進んで少し高度を下げると車道と民家があります。サイトに掲載するきのこの多くはその林道に生えます。きのこ鑑定については調べて調べまくる性格もあり、採取きのこを食べて体調に変化をきたしたことは幸い一度もありません。なお私も家族もお酒が飲める体質、概ね健康体質、アレルギーなし、服薬中の薬なし。また、記事掲載日はきのこ情報に関係しません。きのこへの考え方

同じカテゴリー「 楽しむ暮らし・きのこと野草」の記事です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。