スパイス大使のスパイス旅行へ。次の旅はスリランカです(経由地KLより)

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使記事

今、乗り継ぎのクアラルンプール(マレーシア)。渡航先は、スリランカ。そう、次の旅は、スリランカです!!!

スパイス大使としてはもちろんスパイスの本格的な勉強も必要ですから、その訪問先としては南アジアはもってこいです。

この旅では、以下の6つの側面から贅沢にスリランカ料理の体験を深める予定です。

  1. アユルベーダにどっぷり丸一日。友人が勧める確かなスパへ。inコロンボ。
  2. 旅人の憧れ、北部州へ。タミル地域のタミル料理。家庭料理を手配済み。
  3. そしてコロンボでは、シンハラ人のシンハラ料理。こちらも家庭料理を手配済み。
  4. 元英領を感じよう。ハイティー。
  5. 超安メシのカレーから、
  6. イイ感じの瀟洒なレストランカレーまで。

内戦からずっと旅行者を排斥してきた旅人の憧れの地、スリランカ北部も訪問するのですから、なんて贅沢なことでしょう。

* * *

シンハラ人と、

スリランカ

タミル人の

スリランカ

大きく言うと二分化されたこの国で、片方だけを訪れても、やはりスリランカの理解にはならないのではないかと。

今回は一人旅なので、どこまで有意義に体験を得られるか分からないけれど、現地に友人がいてくれるから、絶対大丈夫。

* * *

・・・私は以前の日記にこのように書きました。「2018年下半期は、スパイス大使らしく、香辛料に関連するレシピと情報の新規掲載を強化します!! もう今年はスパイスレシピ三昧になろうと思いますので楽しみにしていてください!!」、と。

ワールドカップ出場32か国の料理が勢ぞろいする企画・イベントを担当!!無事終了♪

今回の旅は2か月前の日記を2か月経って叶える、私の有言実行です。スリランカで存分に美味しいスパイス料理を堪能すれば、絶対日本で再現料理をしたくなるに決まってる。だから、今年の下半期は、スパイスを愛し、使い、美味しい料理食べる日々となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。