カナダ料理「Poutine」の発音は、プティーン。

カナダ名物料理の「Poutine」は、フライドポテトに融けるチーズにグレービーソースを重ねあわせた、濃厚さが美味しい人気の軽食です。

日本語では「プーティン」と表記されますが、カナダに行ったときのカナダ人の発音が「プティーン」でした。正解は1つじゃなくてもよいのだけれど、現地の発音を正しく知った上でサイト作りをしていきたいから、今回は「Poutine」の発音について検証しましたので、その過程と結果を記載します。

* * *

◆How to make a Poutine! (Famous Canadian Recipe!)(≫こちら

プーティン

0:33 「プティーン」
10:17 「プティーン」
プティーンと発音している。

◆Poutine Gravy Recipe(≫こちら

プーティン

0:09 「プティーン」
プティーンと発音している。しかも超ゆっくりと、とてもはっきりと、プティーンと発音しています。

* * *

◆「Poutine」の音の検証
「Poutine」という料理はカナダのケベック州の名物料理です。カナダはかつてイギリスとフランスが植民地政策で移民を送り込み、結果、イギリス領となるもののケベックはフランス語を母語とする集団が多く残るようになりました。だから「Poutine」の発音をフランス語で検証するとよくわかります。

「ou」という綴りの発音は[オウ]ではなく[ウ]です。料理に関する単語では、「Poulet」がポウレットではなく「プレ」です。だから「Pou」はプ。短いプ。日本語の「プ」よりもっと強く、鋭く「プ」と発音します。

<結論>
カナダ料理「Poutine」の発音は「プティーン」とする。ただし、日本語カタカナ表記ではプーティンという表記も広まっているため、原則として「プティーン(プーティン)」のように併記していこうと思う。

* * *

最近、カナダ料理のプティーン(プーティン)を作りました。菜園の土から新じゃがを掘り出して、その新じゃがでフライドポテトを作ったので、美味しさはもちろん格別です(居酒屋メニューにしたら絶対売れる味だと思います)。揚げ物なのでカロリーが高いのだけどね(苦笑)、チーズがほどよくとけて、グレイビーソースがこれまた美味しいから、ときどき、作っていこうと思います!!。

プティーン

プティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。