「酢ビーツ」活用法。火を使わずに美しい夏のスープ「ハロードヌイボルシュ」が作れます。

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
紹介スパイス:こしょう
こしょう

ハロードヌイボルシュ

私がこのピンクスープを最初に食べたのはリトアニアでした。美しさに見とれる以上に、日本料理の食卓にありえないほどのドピンクさに驚いたものです(本当に驚きました。今も見た瞬間の衝撃を覚えています)。

「酢ビーツ」。これは、ロシア人の作り置きのアイディアです。
時短の作り置き、「酢ビーツ」♪(そして使い道も)

ハロードヌイボルシュ

「酢ビーツ」があれば、材料を混ぜるだけで、火を使わずにピンク色のときめきスープが作れます! ビーツの甘味、酢の酸味、スメタナの乳製品たる旨味、生玉ねぎの辛味が合わさり、本当に美味しい驚きのスープです。

レシピは簡単です(≫詳細はこちら)。

heart『夏の冷たいピンクスープ♪ ハロードヌイボルシュ♪』
材料(2~3人分):

酢ビーツ(※1)
ビーツ1個分
玉ねぎ
1/8個
きゅうり
1/2本
スメタナ(※2)
1~1.5C(※3)
1.5~2C(※3)
こしょう
少々
ディル
あれば少々

※1:酢ビーツがなければ、リンク先を参考に、ビーツ1個をゆでて角切りにして、酢、砂糖、塩で和えておく。
※2:スメタナがなければ、カスピ海ヨーグルトと生クリームを1:1で混ぜておく。
※3:あっさりしたのが好きか、濃厚なのが好きかにより、分量幅がある。

作業工程:10 分(冷蔵庫で冷やす時間を除く)

  1. 酢ビーツを冷蔵庫に入る容器に入れる。
  2. 玉ねぎをみじん切りにし、きゅうりを5mm角切りにし、容器に加える。
  3. スメタナ1Cと水1.5Cとこしょうを容器に入れ、全体が均一になるように混ぜる。
  4. 味見をし、あっさり作りたい場合は水を足し、濃厚に作りたい場合はスメタナを足し、量を増やしたい場合は水とスメタナの両方を足し、最後に酢加減や塩加減を好みに調える。
  5. 容器ごと冷蔵庫(急速に冷やしたい場合は冷凍庫)に入れ、よく冷やす。
  6. 器に盛り、あれば刻んだディルを散らして出来上がり。
  7. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

ハロードヌイボルシュ

ひゃー♡冷たいし美味しいーねー♡

ビーツが甘いねーいいね

ロシアのストロバヤにありそうな味♡

いやもっと旨いだろw


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。