私の新しい宝物。銀杏(イチョウ)の無垢の一枚板、素晴らしいまな板です。

これは銘木。
銀杏(イチョウ)木の一枚板です。

イチョウのまな板

優しいご近所さんが、驚くほど素敵なまな板をプレゼントしてくださいました。無垢ななめらかさときめの細やかさ・・・、表面は丹念に研磨され、木とは思えないなめらかなぬくもりがあります。反りも歪みも一切なく完全に全辺平行の美しいフォルム。木工のプロの方にいただく銘木の板は最高です。

「きれいすぎて使うのがもったいない」と思うのは一瞬にとどめ、気持ちを切り替えて、「一生かけて使っていこう、そして、使っていくごとに色合いが深まり、愛着が深まるように、大事に使っていこう」と今では思えています。

プロ使用のサイズがあるので、2つの食材を同時に刻んでも、まな板の上には大いにゆとりがあります。

イチョウのまな板

感激したのは、包丁と板の当たり具合です。「トントン」という音が美しい音色で最高です。

板が硬いから容易には傷が入らず、板が硬すぎないから包丁の跳ね返りがソフトで、刃当たりが優しい。木材にほどよい油分があるから水は表面を濡らすけれども中にしみこみにくく、洗って拭き取れば何度使っても清潔なまま。白木の色は食材を美しく映え、調理自体が楽しくなります。

イチョウのまな板はお寿司屋さんでもよく使われるという理由が、実感できました。

* * *

ちょこっと関連して、地域のゴミの話を少し。
ゴミ集積場や公共施設のゴミ箱などを見ていると、100円ショップで買えるものがゴミに出されている光景をしょっちゅう見かけます。100円ショップは有難い存在ですし、安く買えるという喜びを与えてはくれますが、いい物を持つという喜びを与えてくれないことが多い。大事に使うという心を与えてくれないことが多い。

100円ショップで買うものは耐久性が低いが安いからたくさん買え、しょっちゅう買える。つまり、社会に、壊れやすいものを数多く買う風潮を生んでしまった。だからすぐ壊れて、すぐゴミになっちゃうんじゃないかな。

イチョウのまな板

今日この日記に書いた最高のまな板は、一生大事に使うから、一生ゴミになりません。今回の素晴らしいプレゼントをいただいたことで、単にうちにまな板が増えただけでなく、「いい物を持って暮らすという、エコの原点をもっともっと実践したい」と思わせてくれるようになりました。この「いい物を持って暮らす」ことが、シンプルライフと大きく重なるのだなとも再認識しました。

優しいご近所さんに、心から感謝しています。
本当に素晴らしいものを、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。