ヤンニョムチキンとタッカンジョンの違いについて

韓国の旅で出会える美味しいストリートフード♪
そのひとつにヤンニョムチキン(양념치킨)があります。

ヤンニョムチキン

コチュジャンやにんにくや砂糖や酢が入って、甘酸っぱい♪甘辛い♪という味付けのフライドチキンです。

なお、ヤンニョムチキンに類似した料理にタッカンジョンがあります

以前韓国人に2つの違いを聞いても明確な違いが解明されませんでした。「似てる」と言っていました。

◆Google画像検索「양념치킨」(ヤンニョムチキン)

ヤンニョムチキン

◆Google画像検索「닭강정」(タッカンジョン)

ヤンニョムチキン

うーん、似ています。そこで、インターネットを使い、一般的な違いとして韓国ではどのように認識されているかを広く探しだし、まとめました。少しだけ検索してもきっと偏るから、広く探し出すことと、機械翻訳だけに頼らないようにと、時間を遣いました。

1)直訳
・ヤンニョム=韓国の味付け、チキン=鶏
・タッ=鶏、カンジョン=クラッカー

2)共通点
鶏肉を油で揚げてタレを絡める。

3)チキンの違い
・ヤンニョムチキン⇒フライドチキンの韓国の味付け版。だから骨付きのウィングを使うことも多い(骨なしのことも多い)。
・タッカンジョン⇒骨は取り、小さくカットし、固い衣をより演出する。

4)衣の違い
・ヤンニョムチキン⇒衣はベーキングパウダーなどを入れて膨らむように作り、膨らんだ分タレの味がしみこみやすい。よって衣のサクサクは長持ちしない、しっとり。
・タッカンジョン⇒強力粉(?)使用、衣は長い時間固い、サクサク。

5)タレの違い
・ヤンニョムチキン⇒揚げたての鶏肉にタレを絡める。温かいまま食べることも多い。
・タッカンジョン⇒炒め直すようにして熱いタレを絡める。冷えても水あめでツヤツヤしているため、調理したあとわざわざ冷まして提供することもある。よって手にタレがつきにくい。

* * *

韓国の旅で出会える美味しいストリートフード♪
そのひとつにヤンニョムチキン(양념치킨)があります。

ヤンニョムチキン

コチュジャンやにんにくや砂糖や酢が入って、甘酸っぱい♪甘辛い♪という味付けのフライドチキンです。
パクパクと食が進んでしまいます。美味しかったです。

・・・そしてこのたびはハングル文字との格闘にお勉強になりました(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。