韓国料理

+++新着+++

  • ページをリニューアルし、「基礎情報」、「地図」、「本文はじめ」、「主食」、「パンチャン」の項を記載しました(今後の投稿は、キムチ、肉のおかず、茶、ナムルやムチムなどを予定しています)。

【基礎情報】

国名:大韓民国South Korea、首都:ソウル、ISO3166-1国コード:KR/KOR、独立国(1948年日本統治の後)、公用語:韓国語、通貨:ウォン

▲目次に戻る


【地図】

韓国は、中国、日本(、北朝鮮)が近くにあり、ロシアやモンゴルともやや近い位置関係にあります。

▲目次に戻る


◆中国と日本の狭間で、独自の料理が育った。

「テーハミングー」って、聞いたこと、ありますか? 漢字で書くと「大韓民国」です。日本語では「韓国」と呼ばれることが多く、日本人にも人気の旅行先です。

*このサイトでは、いわゆる北朝鮮(North Korea)について、別途ページを設けます。日本は北朝鮮を国家として承認していませんが、北朝鮮は、諸外国から国家として認められているのがその理由です。両国ともに朝鮮半島全域を自国と主張していますが、本ページは、いわゆる「South Korea」である韓国料理を紹介します。

スンドゥブチゲ
食の都全州の、豆腐料理の名店で食べるスンドゥブチゲ。(撮影地全州)

中国と日本には、古より、それぞれに発展した文化がありました。双方との歴史的つながりの深い朝鮮半島の食文化は、それらを含む近隣国の影響と、自国の山海の恵みを受けて培われてきました。近代史の中では日本統治下に置かれ、行政上日本となったことから、日本の食材が流通しました。仏教の教えから、殺生を避け野菜を食べる概念も長く根付いてきましたが、一方でモンゴルの侵攻は肉食文化の一端を築いたと言われます。朝鮮半島はそれら近隣国の影響を受けながらも、唐辛子を多用する赤くて辛い料理が独自に発展しました。南北分断状態で、南部が発展し、韓国人が世界各国でアジア料理店の調理人として立つ今、韓国の料理は、アジアンフードの代表選手の一角を担っていると言えます。
▲目次に戻る

◆主食 Staple

米は本来暑いところで作られる作物でした。南北に長い朝鮮半島でも、稲作が盛んなのは特に韓国側です。「日本の日常の食」と聞かれて我々は「ごはんとみそ汁とおかず」と答えるように、韓国でも、基本は「パプククパンチャン」、すなわち、ごはんやスープに、パンチャンと呼ばれる複数の小皿料理のお惣菜です。

韓国のごはん料理では、ピビンパ(各種ナムル(おひたし)や肉などを乗せ、コチュジャン(唐辛子味噌)を絡めて混ぜて食べるもの)やキムパ(海苔巻き)が有名ですね。そのほか、サムパ(ごはんを野菜で巻いて食べるもの)やポクンパ(焼き飯)、クッパ(雑炊)などのごはん料理があります。お粥もあって、チュクといいます。

ポクンパ(焼き飯)の中でも、特に韓国らしさがあって美味しいと思うものはキムチボクンパ(キムチチャーハン)です。クッパの中では、コンナムルクッパ(もやしスープにごはんが入っているもの)が有名どころでしょうか。
▲目次に戻る

◆パンチャン Side dishes

韓国語を話せない私が、日本語を話せない韓国人の家庭にホームステイをしたとき、会話は英語が中心になるのですが、そのとき韓国人は食事前に食卓に並ぶ数々のお皿、いわゆるパンチャンを、英語で「サイドディッシュ」と説明してくれました。

「韓国料理といえば辛い物」という印象がありますが、辛くない料理もいっぱいあり、例えばある食堂で7つの小皿からなるパンチャンがで出されたとき、辛いものはキムチ(白菜キムチ)とカクドゥギ(大根キムチ)で、残りは青菜のナムル(おひたし)、うずらの卵の醤油煮、ナスの薄い醤油煮物、豆を甘く炊いたもの、小魚の乾煎り。という具合です。日本人が韓国を旅したときには、パンチャンがおかわりし放題なことに、きっと驚くことでしょう。
▲目次に戻る


料理名一覧 Food & Drink Glossary

【ごはんもの】
  • ポクンパ(볶음밥)・・・焼き飯
  • キムパ(김밥)・・・海苔巻き
  • クッパ(국밥)・・・雑炊
    • コンナムルクッパ(콩나물국밥)・・・もやし入り雑炊
  • サムパ(쌈밥)・・・ごはんを野菜で巻いて食べる
  • チュク(죽)・・・お粥
  • ピビンパ(비빔밥)・・・ごはんに各種ナムルや肉などを乗せ、コチュジャンを絡めて混ぜて食べる。
【漬物類】
  • キムチ(김치)・・・発酵させた野菜の総称。多くは唐辛子を含む。
  • カクドゥギ(깍두기)・・・日本ではカクテキ。角切り大根のキムチ。
【おひたし】
  • ナムル(나물)・・・おひたしの総称。
【調味料】
  • コチュジャン(고추장)・・・唐辛子味噌
【その他】
  • パンチャン(반찬)・・・おかず、付け合せ、サイドディッシュのようなもの

▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。