ヤンニョムチキン

  • 韓国料理

  • 現地表記

    :양념치킨(ハングル・チョソングル文字)

  • 概要

    :甘辛くて甘酸っぱいタレが絡んだフライドチキン

ヤンニョムチキン

ヤンニョムチキン、美味しいです!! ピリ辛いのに韓国では大人だけでなく子供も好きな味。屋台やフードコートにおけるテイクアウトの定番です。

材料

2人分):
<チキン>

鶏肉(※1)
300g
にんにく
1かけ
少々
こしょう
少々
1個
から揚げ粉(※2)
鶏肉に絡む量
ベーキングパウダー
ひとつまみ

<ヤンニョム>

唐辛子粉(※3)
大1
ケチャップ
大2
小1
砂糖
大2
こしょう
少々
醤油
小1
コチュジャン
大2
にんにく
1かけ
  • ※1:鶏肉は、好みで、もも肉でも胸肉でも構いません。
  • ※2:から揚げ粉があると上手に鶏肉が上がりますが、新鮮な状態の油を使うのならば薄力粉でもきれいに揚がります。
  • ※3:韓国産唐辛子を一味唐辛子のように加工した「コチュカル」があるとよいです。日本の一味唐辛子を使う場合は辛味が強いので量を減らします。

調理時間

作り方

  1. 鶏肉を一口サイズに切り、にんにくのすりおろし、塩、こしょうをもみこんでおく。
  2. ヤンニョム用のにんにくをみじん切りにし、小鍋にヤンニョムの材料を全部入れ、ヘラで均一になるように混ぜながら加熱する。とろみが強い場合は水を少々足す。
  3. ヤンニョムの味見をし、酸味、甘み、辛味などを好みに調えておく。
  4. ボウルに卵とから揚げ粉とベーキングパウダーを入れて軽く混ぜ、鶏肉を入れ、絡める。
  5. 揚げ油を熱して、鶏肉のから揚げを作る。
  6. から揚げをヤンニョムが入っている小鍋に入れて、絡めて出来上がり。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 骨付き肉を使うと、骨の近傍までしっかり火が通るかどうか確かめにくいので、私は骨なしの肉を使い、鶏のから揚げと同じ要領で揚げています。
  • 唐辛子粉は、日本の一味唐辛子使う場合、辛みが強いので、気を付けます。

Tips about cuisine

  • ヤンニョムチキンの韓国での綴りは「양념치킨」。
  • 「양념」(ヤンニョム)は調味料や味付けの意味で、例えば唐辛子やコチュジャンやにんにくなどを使った韓国や北朝鮮風のタレや合わせ調味料を指す。「치킨」(チキン)は鶏肉の意味である。よって「양념치킨」(ヤンニョムチキン)は、「韓国風味付けチキン」といった訳になる。
  • 韓国の言葉で鶏肉は「닭」(タッ)と言うが、この料理の場合は外来語としての「チキン」を料理名につけている。
  • ヤンニョムチキンに類似した料理には「タッカンジョン」があり、両者の違いは下記リンク先で解説しています。
    ヤンニョムチキンとタッカンジョンの違いについて


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です