ロシアの「ビジネスランチ」は会社員に限らず注文できるセットメニューです。

ロシアを旅していると、レストランの看板などで「БИЗНЕС ЛАНЧ」(小文字ではбизнес ланч)の文字をよく見かけます。シベリアでもモスクワでもウラルでも、ロシアのあちこちで見かけるので、ロシアに広く根付く1つの食文化です。

ビジネスランチ

◆「БИЗНЕС ЛАНЧ」を英語アルファベットに置き換えると
Б---B
И---I ビ
З---Z ズ
Н---N
Е---Ye ニェ
С---S ス
Л---L
А---A ラ
Н---N ン
Ч---CH チ

よってその綴りはそのまま「ビジネスランチ」を表わし、英語表記の「Business Lunch」に相当します。日中の時間帯限定で出されるメニューなので、最初は会社員のランチタイムに合わせて「ビジネス」の名をつけたのかもしれないなと思ったのですが、ロシアを観察しているとカップラーメンやカップピュレ(インスタントマッシュポテト)の見出しにも書かれる言葉なのと、会社員に限らず誰でも注文できるので、忙しい人にもぴったりのクイックミールという意味合いをもつのかもしれません。

↓これがカップピュレのパッケージです。

ビジネスランチ

◆値段について
ビジネスランチは、同じ店で通常注文する価格と比べて割安です。例えばサラダ(冷菜)、メイン(温菜)、主食、デザート、ドリンクがセットになって200ルーブルや300ルーブル(※)です。99ルーブルを掲げるお店もありますから、同じ店で普通にその5種類を注文する価格の半分、1/3、あるいはそれ以下というお得な価格です。

※ロシアの通貨は近年変動が大きいので、200ルーブルと言っても日本円に換算するとずいぶんと開きがあります。私が旅した実例では、
・2007年:200ルーブル=約1000円
・2016年:200ルーブル=約300円
ロシアは、通貨が下落しているときに訪問した場合を除き、物価が高いと感じる国だと思います。

◆ある日のビジネスランチ♪
これは、ロシア極東にあるユダヤ自治州を旅したときの写真です。「ロシア国内のユダヤ自治州」ってとても興味深いですよね。その州都のビロビジャンにて。

ビジネスランチ

上から順に、
・角切りゆで野菜と角切り肉のマヨネーズ和えサラダ
・きのこや野菜のスープ
・マッシュポテトが入った水餃子
・はちみつレモンドリンク
・パン
/230ルーブル

ビジネスランチ

調度品が素敵なレストランに来ているのに、低価格でコースの食事を落ち着いていただけるなんて素晴らしい♪ 食事内容は典型的なロシア料理であるのも嬉しかったです。

* * *

再掲しますが、ロシアを旅していると、レストランの看板などで「БИЗНЕС ЛАНЧ」(小文字ではбизнес ланч)の文字をよく見かけます。シベリアでもモスクワでもウラルでも、ロシアのあちこちで見かけるので、ロシアに広く根付く1つの食文化です。

ロシアの物価を知るほど、その提供価格は実にお得だと感じます。ロシアに個人旅行に訪れたら是非一度「ビジネスランチ」を体験されると良いと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。