旅の写真はひとつの本物宝物。だから私は現場主義。

皮蛋豆腐

写真は、北京で食べた皮蛋豆腐です。見る人が見れば分かる、「安いビール飲んでるな」って、苦笑。でもそのときはそんなこと全然知らなかったのよ (;^_^A

最近、輸入食材店で皮蛋を買ったので、今日は皮蛋豆腐を食べようということになりました。夫の記憶の皮蛋豆腐はタレがたっぷりかかったもので、私の体験はコレ、塩と味の素を絡めてごま油を少しかけただけもの。どちらも中国実体験の本物です。

ネットという情報源は、誤り又は偏った真実の一部分だけがステレオタイプのように増殖してしまうから怖くて、「世界の料理」に関しても、ネットで見た=実体験の如く伝播していて、怖いと思う。

私が言うのも違うかもしれませんが、旅の写真や体験は、ひとつの本物です。
質素に見える皮蛋豆腐の1枚の写真も、私の宝物です。

さて今日はどっちの皮蛋豆腐を作ろうかな♪

→家族のための晩ごはんなので、タレがけにします、笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。