スパイスパンプキンディップ

  • :クリスマス料理、オーストラリア料理

  • 現地表記

    :Spiced pumpkin dip(英語)

  • 概要

    :スパイスの香りが良いカボチャのディップ

スパイスパンプキンディップ

クリスマス島はインドネシアの近傍にあるオーストラリア領の非独立国家で、カニの大移動が見られることで自然愛好者に知られる島です。環境保全やその他の仕事で来るオーストラリア人が多く住んでいます。島には野生のカボチャがいっぱいあって、パーティーが好きなオーストラリア人はめいめいが美味しいカボチャ料理を持ち寄ってハロウィーンパーティーを楽しく開催します。オージーが作るこのカボチャのディップが美味しかった♪

材料

出来上がり約500gに相当する量):

かぼちゃ
600g(※1)
オリーブオイル
大1
生クリーム(※2)
大2~3
にんにく
1かけ
クミンパウダー
小1/3
ナツメグパウダー
小1/3
シナモンパウダー
小1/3
  • ※1:種とワタを含めない重さとしていますが、中くらいのかぼちゃ1つ分程度の、適当な使用量でよいです。
  • ※2:生クリームを入れると味も良くなるばかりでなく、不透明の白が混じって色がきれいになります。なければ牛乳でもあれば入れるとよいです。

調理時間

(冷蔵庫に1日置く時間を除く)

作り方

  1. 蒸し器を使うか、あるいは大きな鍋の中にザルを2段重ねにしてカボチャが水に浸らないように底上げをして、種とワタを取ったカボチャを入れ、フタをして30分蒸す。
  2. カボチャがほくほく柔らかくなっていることを確認する。必要なら蒸し時間を延長する。
  3. ほくほくになったカボチャをまな板の上に置き、スプーンを使って果肉をすくい取り、皮だけを残すようにする。皮は使用しない。
  4. にんにくをクラッシャーで潰すか、一度潰してから細かいみじん切りにする。
  5. すべての材料をボウルに入れ、よく混ぜる。あれば、ハンドミキサーやバーミックスを使ってなめらかにするとよい。
  6. 保存容器に入れて冷蔵庫で1晩なじませる。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • クラッカーやパンの薄切りを添えてサーヴします。
  • 皮が緑色のカボチャの場合、皮が入ると色が暗くなるので、皮を入れないようにします。
  • 作りたてを食べても美味しいのですが、冷蔵庫で1晩なじませて、冷えているほうが、香りも落ち着いて、甘さも引き立って、一層美味しいです。
  • 生クリームを入れると味も良くなるばかりでなく、不透明の白が混じって色がきれいになります。なければ牛乳でもあれば入れるとよいですが、なければ生クリームや牛乳を省いても構いません。
  • カボチャが甘いので砂糖を加えずに作りますが、甘くないカボチャだった場合は最後に砂糖を加えて甘さを調整するとよいです。
  • ジンジャーパウダーやメースパウダーなど、スパイスのアレンジも美味しいと思います。

Tips about cuisine

  • スパイスパンプキンディップの英語(オーストラリアならびクリスマスの通用言語)の綴りは「Spiced pumpkin dip」。
  • オーストラリアに公用語がない|あづさDIARY

  • 「Spiced」(スパイスまたはスパイスト)は「香辛料の効いた」、「pumpkin」(パンプキン)はかぼちゃ、「dip」(ディップ)はすくって食べる形状の食べ物を指す言葉である。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です