カフェオレ(西アフリカ)

  • :マリ料理、ブルキナファソ料理

  • 現地表記

    :Café au lait(フランス語)

  • 概要

    :コンデンスミルクとインスタントコーヒーのホットドリンク

カフェオレ

西アフリカの旅にはいっぱい食の思い出があります。一つは、砂っぽい大地を進むマリの旅です。路上のごはん屋で出てくるのは、フランスパンのオムレツサンドと、コンデンスミルクで非常に甘いカフェオレでした。朝から酷暑となるアフリカで、この熱さと甘さが美味しいのです。ときどき、途上国の旅の良さを思い出してはこの、アフリカ流のカフェオレを淹れています。
甘いミルクの香りでアフリカ流に疲労回復|あづさDIARY

材料

1人分):

練乳(※1)
大3
インスタントコーヒー
小1/2
お湯
300mL弱
  • ※1:加糖タイプコンデンスミルク。

調理時間

作り方

  1. コンデンスミルクとインスタントコーヒーをカップに入れる。
  2. お湯を入れ、カレースプーンサイズのスプーンでカチャカチャかき混ぜて泡が立つようにする。
  3. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 甘く作るほうが西アフリカ風です。現地では、大さじ3から5杯くらいは入れているように思いました。
  • マリ現地では、インスタントコーヒーの量は少なめなので、このレシピもマリの味を再現しています。ただコーヒーが好きな人には物足りないと思うので、インスタントコーヒーの量は好みで小さじ1くらいにしてもよいです。
  • これは必ず熱湯を使って作ってください。熱いものが飲める方なら、熱いほうが美味しいです。
  • 西アフリカではお茶に泡を立てるのを良しとする習慣があるように思いました。これとは違うお茶ですがグラスにラップをしてシェイクして泡を立てる人もいました。カレースプーンでカチャカチャして是非空気を含ませてください。

Tips about cuisine

  • 「カフェオレ」のフランス語(マリやブルキナファソの公用語)の綴りは「Café au lait」。
  • 「Café」(カフェ又はキャフェ)はコーヒー、「au」(オー)は所属を表わす(○○入りの、みたいな)前置詞のà(ア)と男性単数形定冠詞であるle(ル)の縮約形、「lait」(レ)は牛乳の意味。よって「Café au lait」(カフェオレ)は「牛乳入りのコーヒー」という意味になる。
  • マリやブルキナファソでは路上ごはん屋が多く、その定番の飲み物です。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。