ヒンディー?ヒンドゥー?ヒンズー?これらの違い。

ヒンディー?ヒンドゥー?ヒンズー?これらの違いについて、書き分けは必要なので、整頓しました。

ヒンディー

◆Wikipedia「ヒンドゥー教」(≫こちら
ヒンドゥー教。慣用表記ではヒンズー教なども。・

◆Wikipedia「ヒンディー語」(≫こちら
ヒンディーのみで言語を表すため「語」を付する必要はないが、日本の慣習で「ヒンディー語」と呼んでいる。

◆Google翻訳
हिंदी(hindee)→ヒンディー語
हिन्दू(hindoo)→ヒンズー教

* * *

つまり、
ヒンドゥーはヒンズーと同じだ。(日本語表記の違い)
ヒンディーはヒンドゥーやヒンズーとは異なる。

ヒンドゥーとヒンズーは宗教名。
ヒンディーは言語名。

ドゥーとズーは宗教、ディーは言葉。

「うー」と伸びるほうが宗教名だから、「しゅ きょ 」 の「と覚えておこう(*^_^*)

もうひとつ。
民族名や民族意識として使う場合は、ヒンディーだよね。言語は民族アイデンティティの最たるものの一つだもの。

インド現地で、あなたは何族かと訊くとき、私が「Are you…」と言うと向こうから「I’m Hindi」と言ってくれることは確かに多々ありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。