南アフリカ料理「Droëwors」の日本語カタカナ表記はドローヴォースまたはドローウォース

ドローヴォース

南アフリカ料理名は、読み方が難しいものが多いように思います。それはアフリカーンス語という、オランダ語から派生した言語を使うものが多いから、アルファベットの読み方が日本人が比較的慣れている英語と違ってくるからです。

今回、「Droëwors」という乾燥肉料理の読み方が分からなかったので、動画から生の発音を聞くことで検証しましたので、その経過と結果を記事にします。

* * *

1)Youtube「How to Make Droewors – South Africa’s Version of Beef Jerky Sausage」(≫こちら

Droewors

0:08 ドローヴォース

2)Youtube「How to make Droëwors」(≫こちら

Droewors

0:07 ドライウォース
0:56 ドライヴォース

ただし英語まじりでDry Worsと言っているのかもしれない。

3)Youtube「TheMeatEmpire.com – Biltong and Droëwors Review」(≫こちら

Droewors

1:44 ドローウォース

4)Forvo「Droëwors」(≫こちら
生の発音を集めるサイトです。

Droewors

ドローウォースが妥当かな(カタカナ化しにくい発音ですが)。

* * *

現在のところ、候補は以下の4つです。
1)ドローヴォース
2)ドライウォース
3)ドライヴォース
4)ドローウォース

次に、主に1)ドローヴォースと4)ドローウォースを考慮し、「ヴォ」と「ウォ」について検証することにした(なお、2)と3)の「ドライ」を使う言い回しは英語まじりであると思うので検討順位が下がっている)。

アフリカーンス語の基本的な発音では、「w」はドイツ語のような発音であり、「v」の音、すなわち日本語の「ヴ」の音になる(子音の後ろや英語外来語の中では「ウ」の音になる)。

だから1)と4)であれば、4)の「ドローヴォース」を採択するのがよいだろう。ただし南アやその周辺には流暢な英語話者も多く、「w」を英語読みする2)のドローウォースも現実的であることも避けられない。

* * *

◆南アの実際の写真

事実、これを見ちゃうと、誰だって「ドローウォース」と発音したくなっちゃうよねぇ。。。

ドローヴォース

なお、「KUDU」(クドゥ)は南アらしいゲームミート、サファリなどの狩猟で獲れるレイヨウ(鹿みたいな動物)の肉です。

<結論>
南アやその周辺国の乾燥肉である「Droëwors」の日本語カタカナ表記は、当サイトでは、「ドローヴォース」「ドローウォース」を共に取り扱っていくこととした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。