菜園には土に還る素材を使う。ひもはシュロ縄、支柱は矢竹です。

しゅろ縄

居心地の良い菜園を作りたいと、いつも思っています。

最初のうち、支柱をしばったり、茎を支柱にとめたりするのにビニールひもを使ったことがあるのだけれど、日光を受け雨ざらしになると、ボロボロになって、ビニールの残骸が土に落ちるんです。本来土にないはずの合成化学原料の素材。これが土に入るのが嫌で、そのときから私は、土に還る素材を使って野菜を育てていこうと思うようになりました。

支柱は「矢竹」という、家にも家のまわりにも生えている、直径2cmくらいの細い竹を使います(名前は竹でも植物学上は笹だそうです)。

ヤダケ

この「矢竹」は背丈が3m以上になるものですが、根本から2mくらいまでの部分を使えば、しならず、丈夫です。支柱だから2mも使わないですし、大丈夫。

また、支柱を組み立てたり、支柱と野菜の茎を結ぶのは、すべてシュロ縄を使います。

しゅろ縄

竹垣を作るのにも使われる素材で、丈夫でしなやかで、そして黒くて見た目もかっこいい。

なお、シュロ縄は、採れた野菜を吊るして保存するようなときにも、何かと便利に使っています。だから、使いたいときにすぐ使えるよう、数種類の長さに切って、使いまわしても端からほどけたりしないよう両端を玉留めした状態で作りためています。

ビニールひも(荷造りひも)を使うとお値段はとても安くあがるのですが、こうして、何かあっても土に還る素材を使うのがいい。もし土にまぎれてしまったとき、野菜の気持ちになると、ゴミが根っこに絡まるのは嫌だろうなと思うから。何より、正体不明の成分が土中に溶出していくのは、そのあと出来た野菜を食べることを考えても、やっぱり気持ち悪いと思うから。

私にとって居心地のよい菜園は、よい土を育む菜園なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。