エトゥリクルファスリエ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2019】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:こしょう、カイエンペパー
こしょうカイエンペパー

  • :トルコ料理

  • 現地表記

    :Etli kuru fasulye(トルコ語)

  • 概要

    :羊肉と白インゲン豆のトマト煮

エトゥリクルファスリエ

白インゲン豆と羊肉のトマト煮は、世界の大変広い地域で作られています。トルコ料理の代表格でもあります。羊肉の風味がとてもエキゾチック。是非、何億人もの味覚に愛されるこの料理を作ってみてください。

材料

2人分):

乾燥白インゲン豆
50g
玉ねぎ
中1個
サラダ油
大2
羊肉
100g
400mL
トマトペースト
大3~4
小1/2
こしょう
ひとふり
カイエンペパー
ひとふり

調理時間

(豆を戻す時間を除く)

作り方

  1. 乾燥白インゲン豆は前日から水に浸けて戻す。
  2. 玉ねぎをみじん切りにし、羊肉は薄切りかつ食べやすいサイズに切る。
  3. 鍋にサラダ油を入れ、玉ねぎと羊肉を加えて炒める。
  4. 水、トマトペースト、塩、こしょう、カイエンペパーパウダー水気を切った白インゲン豆を加えてフタをし、弱火で30分以上煮込む。
  5. 味見をし、塩加減などを好みに調える。
  6. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 唐辛子を入れないレシピもあるので、苦手なら省いてよいです。
  • 生のトマトやトマト缶を使ってもよいです。
  • 缶詰の豆を使う場合は水戻しが不要なので、洗うだけで調理開始できます。その場合は2人分で100gくらい、あるいは好みの量を使用します。
  • 一応完成したと思っても、フタをしてしばらく待ち、味を落ち着かせると一層美味しいです。
  • にんにくやバターを入れるレシピもあります。
  • 塩漬けレモンやドライレモンを少々加えると味が良くなります。

Tips about cuisine

  • 「エトゥリクルファスリエ」のトルコ語(トルコの公用語)の綴りは「Etli kuru fasulye」。
  • 「Etli」(エトゥリ)は羊、「kuru」(クル)は乾燥、「fasulye」(ファスリエ)は白いんげん豆の意味で、「Etli kuru fasulye」(エトゥリクルファスリエ)は「乾燥インゲン豆と羊肉の煮込み」といった意味になる。
  • 「fasulye」を「fasülye」と綴ってもよい。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です