スーテーツァイ

  • モンゴル料理

  • 現地表記

    :Сүүтэй цай(モンゴル語)

  • 概要

    :塩入りミルクティー

スーテーツァイ

中央アジアやモンゴルの定番の飲み物には、塩入りミルクティーがあります。モンゴルではどこに行っても飲まれていると言って断言できるのではないかと思うほど、普遍的に根付いています。よってその作り方は誰でも作れるようにとても簡単です。現地ではジョージア(グルジア)あるいは中国からの輸入茶葉を使いますが、日本でなら紅茶のティーバッグが良いと思います。パンとあわせれば朝食になるし、しょっぱくない塩加減はちょっと喉が渇いたときにもいい。ミルクが入っているのでカルシウムなど日本人が不足しがちな栄養も補給でき、特に骨粗鬆症のリスクと背中合わせの日本人女性には最適なドリンクなのではないかと思っています。

ホットティーアレンジレシピ

※本記事は(1)「リプトン×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)リプトンイエローラベルをモニタープレゼントされたことに基づき執筆するものです。

材料

4人分):

700mL
紅茶(※1)
2g(※1)
牛乳(※2)
120mL
小1/2
  • ※1:この写真ではリプトンイエローラベルティーバッグ使用。紅茶のティーバッグは茶葉2gで、ティーバッグ1個になります。
  • ※2:牛乳は成分無調整の美味しいものを使います。

調理時間

作り方

  1. 鍋に水を入れて沸かし、沸騰直後に火を止め、紅茶のティーバッグを入れてフタをして70秒置き、時間が経ったらティーバッグを引き上げて、最後の1滴まで自然に落とす。
  2. 牛乳と塩を入れ、お玉で汁をすくっては高いところから落とし、汁をすくっては高いところから落とし、これを再沸騰するまで繰り返し、表面に泡を立てる。
  3. 味見をし、牛乳の濃さや塩加減を好みに調えて出来上がり。
  4. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 現地のミルクティーは茶もミルクも塩も薄めなので、このレシピではいずれも濃くしないように作っています。
  • ティーバッグをゆすったり絞ったりしてはいけません。
  • しょっぱすぎると台無しになるので、塩気がきつくならないように気を付けます。

Tips about cuisine

  • 「スーテーツァイ」のモンゴル語(モンゴルの公用語)の綴りは「Сүүтэй цай」。
  • 「Сүү」(スー)はミルクの意味、「тэй」(テイ)は「と」の意味をなす共同格、「цай」(ツァイ)はお茶の意味。よって、「Сүүтэй цай」(スーテーツァイ)は直訳して「ミルクとお茶」であり、ミルクティーの意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です