ショートブレッド

  • :英国料理、アイルランド料理、マン料理、ジャージー料理、ガンジー料理、フォークランド料理、オーストラリア料理、ニュージーランド料理

  • 現地表記

    :Shortbread(英語)

  • 概要

    :硬くないバタークッキー

ショートブレッド

あのウォーカーのショートブレッド、納得する美味しさですよね。自宅で作ると、基本材料はたった3つ、あとはおまじないのひとつまみの塩のみ。つまり余計な添加物などなく、安心で美味しいショートブレッドがとても簡単に作れるんです。生地を寝かす過程が2度入り、焼けてからは冷めるのを待って食べるのだけど、それでも、材料があれば、作ろうと思ってから90分で美味しいショートブレッドが楽しめます。これだけシンプルな材料なので、美味しく作るコツは、いい材料を使うことと、練りすぎないことの2点だけです。

材料

8個分):

有塩バター(※1)
64g(※1)
砂糖(※2)
32g(※2)
ひとつまみ
薄力粉
110g(※3)
  • ※1:美味しく作る最大のコツは美味しいバターを使うことです。バターの分量が決まれば、砂糖はその半分、薄力粉は(バター+砂糖)×1.1ちょい、と自動的に決まるので、バターの量が少々変わってもよいです。
  • ※2:上白糖のほうがグラニュー糖よりも美味しく作れます。バターの量が変わっても、砂糖の量はバターの半量になるよう調整すればよいです。
  • ※3:バターの量が変わっても、薄力粉の量は、(バター+砂糖)×1.1ちょい、となるよう調整すればよいです。

調理時間

(寝かせる・冷やす時間を含む)

作り方

  1. バターはなるべく早く室温に出し、「液体には決してせず、固体のまま柔らかい状態」にする。夏は液化しないようにときどき冷蔵庫を使う、冬は柔らかくなるように暖房の部屋にときどき置く。
  2. 大きなジップロックを三方向開いたものなど、丈夫なビニールを用意しておき、クッキングシートをオーブンのサイズに切っておく。
  3. バターをボウルに入れ、砂糖と塩をザルでふるって入れ、バターをシリコンヘラか大スプーンで軽く切って数個の小片にする。
  4. 小麦粉は2回ふるって、3回目をふるい終えたらバターのボウルに入れる。
  5. 10本の指の指先で薄力粉とバターを優しく混ぜていく。バターの形がなくなるまで、薄力粉の色むらがないように、練らないように混ぜる。
  6. 丈夫なビニールの上に生地を置き、球状にまとめて、ビニールでくるんで冷蔵庫で20分寝かせる。
  7. 冷蔵庫から取り出し、一度塊をビニール越しに麺棒で伸ばす。再び塊にまとめ、延ばし、徐々に3cm×3cm×20cmくらいの直方体を作ってから、ショートブレッド8枚横並びのサイズに延ばしていく。厚さは1cm以上(1.2くらいがいい)、長さは約8cm、幅が約20cmを目安に延ばす。最後の方は側面に指を当てるようにして綺麗に側面が出るようにします。
  8. ビニールで覆ったまま冷蔵庫で20分間寝かせる。
  9. オーブンを170℃で予熱開始して、生地を等分に切り、クッキングシートの上に等間隔に乗せて、菜箸で上面に幾つか穴を開けて、クッキングシートをオーブン網に乗せてからオーブンに入れる。
  10. 角や端っこの方が薄い茶色に色づいてきたら、注意深く観察して、全体が茶色くならないうちに取り出す。
  11. 早く食べたいときは、取り出したら網に乗せて扇風機などの風に当てて粗熱を早く取り、横に膨らんで直方体でなくなったら包丁二本を横から平行に当てて挟んできれいな直方体に戻し、粗熱が取れたら冷えるまで冷蔵庫に入れておく。
  12. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • バターを液状にしてしまうと仕上がりが変わってしまうので、「液体には決してせず、固体のまま柔らかい状態」にします。
  • サランラップなどを使うと生地に「折りしわ」がつきやすいので、ジップロックなどの厚みと強度のあるビニールを使います。
  • 薄力粉とバターを混ぜる時、ボウルの底にいつまでもバターと混ざらない粉が残りやすいので、ボウルにヘラかスプーンを入れておいて、底の粉を上からかけるようにすると、きれいに均一になります。
  • オーブンは、天板よりも網を使用したほうが、均一に熱が入りやすいので、目の細かい網があればそれを使います。ただし幅の広い格子状の網の場合、生地がゆがむので、その場合は天板を使うほうがよいです。
  • オーブンの加熱時間の目安は、170℃で15分ですが、時間で焼きあがりが決まるわけではないので、焼き色を観察して取り出すタイミングをはかります。

Tips about cuisine

  • 「ショートブレッド」の英語(英国、アイルランド、マン、ジャージー、ガンジー、フォークランド、オーストラリア、ニュージーランドの公用語)の綴りは「Shortbread」。
  • 「Short」(ショート)はサクサクほろほろした食感を意味し、「Bread」(ブレッド)は小麦粉を焼いて作るものを指す。よって「Shortbread」(ショートブレッド)は、直訳(サクサクほろほろの小麦粉菓子)ではあまり良い訳にはならないが、「Shortbread」(ショートブレッド)といえば、「サクサクほろほろのバタークッキー」などの意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です