スパゲッティアッラカルボナーラ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2019】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:黒こしょう
こしょう粒

  • :イタリア料理、サンマリノ料理、バチカン料理

  • 現地表記

    :Spaghetti alla carbonara(イタリア語)

  • 概要

    :チーズ入り卵ソースのベーコンスパゲティー

スパゲッティアッラカルボナーラ

日本でも人気のカルボナーラは生クリームを使うものが多いようですが、本物のカルボナーラは、卵、生ベーコン(パンチェッタやグアンチャーレ)、チーズ(パルメザンチーズやペコリーノロマーノ)がソースの材料で、たっぷりの挽きたての黒こしょうをあわせるも、クリームは入らない料理です。日本の家庭で作るなら、卵、ベーコン、パルメザンチーズとチーズもう一種類、そして挽きたての黒こしょうがよいでしょうか。卵がぼそぼそにならずにちょうどよい加減で火が通ってとろみがパスタにまとわりつくように作れたものは、至極美味たる芸術だとさえ思います。

辛味スパイス料理レシピ

材料

2人分):

2個
パルメザンチーズ
大2
とけるチーズ(※1)
20g
ベーコン塊
100g
ブラックペパー
20粒
オリーブオイル
大2
スパゲティー乾麺
220g
  • ※1:とけるチーズは、ピザ用チーズなど、シュレッドタイプを使うとよいです。ない場合は省いてもよいです。

調理時間

作り方

  1. 小さなボウルに卵とパルメザンチーズを入れ、泡だて器で優しく卵を溶き、白身と黄身を完全に混ぜておく。
  2. とけるチーズを細切りにして、ボウルに加えておく。
  3. ベーコンを3cm×3cmの面積で厚さ2mmくらいに切っておく。
  4. 黒こしょう粒をすりばちに入れて砕くか、ミルに入れて挽いておく。
  5. フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、ベーコンを入れて、カリっとし始める程度にじっくり炒める。
  6. 大鍋に水と塩(分量外)を入れ、沸騰したらスパゲティーを表示どおりにゆでる。
  7. スパゲティーがゆであがる頃にゆで汁を1Cくらい取っておき、ベーコンのフライパンを強火で熱し、ゆで汁を50mL加えてベーコンソースを作る。
  8. ゆであがったスパゲティーをザルに取ってからフライパンに入れる。
  9. フライパンの中のベーコンとソースをスパゲティーに絡めながら水分を飛ばす。
  10. 火を止めて一呼吸置き、スパゲティーが全量入る大きなボウルに移し、チーズ入り溶き卵を加えて素早く混ぜる。卵が固まりそうならすぐにゆで汁を少々加える。
  11. 器に盛り、黒こしょうをかける。
  12. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 2口コンロで調理する場合は、スパゲティーがゆであがる頃にベーコンの炒め具合が丁度よくなるようにするとよいです。
  • 卵液がざらざらに凝固すると失敗です。卵液が冷たいと失敗しやすいので、最初に溶き卵にしておき、室温に近づけておきます。
  • 卵液を作るとき、菜箸だと卵黄と卵白がよく混ざらないので失敗しやすいです。泡だて器を使って完全均一にすると、ゆでたスパゲティーを加えたとき均一でなめらかなソースになりやすいです。
  • スパゲティーが熱すぎると卵液が凝固しやすいので、ボウルに移してやや温度を下げることで、失敗しにくくなります。

Tips about cuisine

  • 「スパゲッティアッラカルボナーラ」のイタリア語(イタリア、サンマリノ、バチカンの公用語)の綴りは「Spaghetti alla carbonara」。
  • 「Spaghetti」(スパゲッティ)はスパゲティー、「alla」(アッラ)は方向性を示す前置詞と定冠詞(英語のthe)で「~仕立ての」というような意味、「carbonara」(カルボナーラ)の由来には定説がないが、一説では木炭の窯職人や炭の粉であるとする説がある。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です