パンプキンスープ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:ベイリーフ、こしょう、ナツメグ、タイム
ローリエこしょうナツメグタイム

  • :米国料理、カナダ料理、グアム料理、米領サモア料理、プエルトリコ料理、米領バージン料理、リベリア料理、セントルシア料理、グレナダ料理、ノーフォーク料理

  • 現地表記

    :Pumpkin soup(英語)

  • 概要

    :かぼちゃのスープ

パンプキンスープ

かぼちゃはハロウィンのみならず、サンクスギビングデー(Thanksgiving day)でもよく食べられる食材です。米系の国々では、サンクスギビングデーを祝い、楽しむ習慣があり、かぼちゃは、かぼちゃのパイやかぼちゃのスープとなって食卓に登場します。地域や家庭によって味付けや使う材料にも幅がありますが、ここでは、かぼちゃをゆでないことで水っぽくせず、生クリームを使ったクリーミーで濃厚なスープを作ります。また、外国のかぼちゃは日本で一般に出回るかぼちゃと種類が違うのですが、ここでは日本で流通するかぼちゃを使うレシピにしました。

材料

6人分):

かぼちゃ
1/2個(※1)
玉ねぎ
1/2個
バター
大1
200mL(※2)
牛乳
400mL
生クリーム
150mL(※3)
鶏がらスープの素
小1/2
ベイリーフ
1枚
小1
こしょう
小1/8
ナツメグパウダー
小1/8
ドライタイム
少々
  • ※1:かぼちゃ1/2個で800gから900gくらいあると思いますが、かぼちゃの大きさや実の厚さには差があるので、加える水の量で加減すればよいです。
  • ※2:水の量は少なめに記載しています。最初作ったものが濃厚なら水を増やして薄く調整します。
  • ※3:カロリーが気になる場合は生クリームを減らしてもよいです。

調理時間

作り方

  1. かぼちゃのワタと種を取り、7cm角くらいのブロックに切り、耐熱容器に入れてフタ(あるいはラップ)をし、電子レンジで十分加熱し(例えば500Wで7分など)、ほくほくにふかす。
  2. その間に、玉ねぎを1mm以下の薄切りにする。
  3. スープを作る鍋にバターと玉ねぎを入れて中火にし、玉ねぎをよく炒め、玉ねぎに色がつき始める頃に火を止め、そのまま置いておく。
  4. かぼちゃの粗熱が取れたら皮を薄くむいて取り除き、2cm角くらいに切って鍋に入れる。
  5. 水と牛乳を入れて強火にかけ、沸騰直前に弱火にして、かぼちゃを煮る。
  6. バーミックス(あるいはミキサー)にかけ、全体を均一になめらかにする。
  7. 生クリームのうち、仕上げの飾り用を一部残しておいて、残りのうち好きな量を鍋に入れ、鶏がらスープの素、ベイリーフ、塩、こしょう、ナツメグを入れて全体を均一に混ぜながら煮る。
  8. 味見をして、塩加減、さらさら加減、生クリームの濃厚さなどを好みに調える。
  9. 器に盛り、生クリームを表面にかけ、ドライタイムを散らして出来上がり。
  10. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • レシピの水の量は少なめに記載しています。最初作ってみて、好み以上に濃厚なら水を増やして調整します。その逆ができないので、水の量を少なめに記載しています。
  • 濃厚に作りたい場合、水をすべて牛乳にしてもよいです。
  • 現地ではチキンブロース(Chicken broth)をよく使うので、このレシピでも鶏がらスープの素を少し加えています。省いてもよいです。
  • 玉ねぎと一緒ににんじんの薄切りを調理するレシピもあります。にんじんが入ると色を濃いオレンジ色に作ることができます。
  • メープルシロップを入れるレシピもあります(おそらくは特にカナダ)。
  • ミキサーにかける場合は、煮汁が熱いと飛び散りやすくなって危険なので、加熱済みのかぼちゃと玉ねぎと冷たい水をミキサーに入れて回してもよいです。
  • ドライタイムのかわりに、パセリのみじん切りでもよいです。
  • 余ったかぼちゃの皮は油で素揚げにすると「かぼちゃの皮チップス」になり、おやつやおつまみになります。余ったかぼちゃのわたは、天ぷらや卵焼きにすると美味しいです。余ったかぼちゃの種は、乾燥させて炒ると中がおつまみになります。

Tips about cuisine

  • 「パンプキンスープ」の英語(米国、カナダ、グアム、米領サモア、プエルトリコ、米領バージン、リベリア、セントルシア、グレナダ、ノーフォークの公用語)の綴りは「Pumpkin soup」。
  • 「Pumpkin」(パンプキン)はかぼちゃ、「soup」(スープ)は汁物の意味である。よって「Pumpkin soup」(パンプキンスープ)は「かぼちゃスープ」の意味になる。
  • 米系の諸外国ではサンクスギビングデー(感謝祭)でよく作られる料理であり、サンクスギビングデーは、米国、グアム、米領サモア、プエルトリコ、米領バージンは11月第4木曜日、カナダは10月第2月曜日、リベリアは11月第1木曜日、セントルシアは10月第1月曜日、グレナダは10月25日、ノーフォークは11月最終水曜日である。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です