ムタファヤサマック

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:クミンパウダー、こしょう、あらびきチリペパー、フェヌグリーク
クミンパウダーこしょうあらびきチリペパーフェヌグリーク

  • イエメン料理

  • 現地表記

    :مطفاية سمك(アラビア語)

  • 概要

    :魚の濃厚トマト煮

ムタファヤサマック

イエメン料理のムタファヤは、アデンを中心とする南部イエメン発祥の、濃厚な煮込み料理です。イエメン南部は東西に長い海岸線をもち、各都市で魚料理がよく食べられていて、ムタファヤは魚で作られることが多い料理です。イエメンに行ってイエメン料理を食べると驚きます。香辛料/スパイスの使い方が素晴らしくて、食材を極めて美味にする秘伝のアイディアが詰まっているからです。紛争が続くイエメンは近年殊に旅行者を排斥するようになってしまいました。でも私は、このページのように、イエメン料理の素晴らしさと、素晴らしい食文化の伝播のために、これからも頑張ろうと思います。トマトが濃厚でお魚が美味しくて、ごはんにもパンにも(人によっては冷えた白ワインにも)合う料理です。

材料

2人分):

白身魚の切り身(※1)
200g
レモン果汁
大1
小1/2
クミンパウダー
小1/2
こしょう
小1/2
粉末唐辛子(※2)
小1/4
じゃがいも
1個
玉ねぎ
1/2個
にんにく
3かけ
トマト
1個
ピーマン
1~2個
鷹の爪
1本
サラダ油
大3
メティシード(※3)
10粒
ハワイジュ(※4)
小1
トマトペースト
大2
マギーコンソメ(※5)
小1/2~1
  • ※1:種類は問いません。写真ではサワラを使用しました。
  • ※2:赤い唐辛子を乾燥粉砕させたものならば種類を問いません。ただしものにより辛さが異なるので、辛いのが苦手な場合は使用量を少なくし、最後に調整するとよいです。
  • ※3:メティはフェヌグリークとも呼ばれるものです。粒状のものを使っていますが、なければパウダーでもよいですし、省いてもよいです。
  • ※4:ハワイジュは市販されていないので手作りのものです。代用は黄色いカレー粉です。
  • ※5:マギーコンソメは1cm角のキューブ状のものを1個使用しました。

調理時間

作り方

  1. 魚の切り身を50gずつくらいにカットしてボウルに入れ、レモン果汁、塩、クミンパウダー、こしょう、粉末唐辛子を加え、軽く混ぜて魚にまんべんなくまぶす。
  2. じゃがいもの皮をむいて2cm角切りにし、玉ねぎとにんにくをみじん切りにし、トマトを2cm角切りにし、ピーマンはヘタと種を除いて粗いみじん切りにし、鷹の爪を小口切りにする。
  3. 小さめのフライパンにサラダ油を入れて熱し、メティ(フェヌグリーク)シードを入れて1分加熱し、魚の切り身を入れて両面を焼き、表面に火が通ったら小皿に取り出しておく。
  4. 同じフライパンに、じゃがいも、玉ねぎ、にんにくを入れ、軽く炒め、火を弱めてフタをして5分ほど待ち、じゃがいもにある程度火を通す。
  5. フタを外し、緑ピーマン、ハワイジュパウダー(またはカレー粉)、トマトペースト、トマト、マギーコンソメ、唐辛子、水、最初に魚をマリネした漬け汁を入れて混ぜ、とろっとソース状になるまで煮詰めていく。
  6. 味見をして、塩加減、辛さ加減、酸味などを好みに調える。
  7. 魚を入れ、魚に火が通るまで加熱する。ソースの上に乗せるだけでも、ソースを絡めてもよい。
  8. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 仕上げに小ネギの小口切りやイタリアンパセリのみじん切りなどを散らしてもよいです。
  • マギーコンソメがない場合、鶏がらスープの素などでも代用できます。

Tips about cuisine

  • 「ムタファヤサマック」のアラビア語(イエメンの公用語)の綴りは「مطفاية سمك」。
  • 「ムタファヤ」はこの料理法の名称で、おそらくは濃厚ソースで絡めるものを指す。「サマック」は魚の意味。よって、「ムタファヤサマック」は「魚の濃厚ソース仕立て」のような意味になる。
  • 「ムタファヤ」は英語アルファベットでは、Mutafayyah、Mutfaiyh、Matfaiyaのように綴られる。「サマック」はSamakのように綴られる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です