サルサメヒカーナ

  • :メキシコ料理

  • 現地表記

    :Salsa Mexicana(スペイン語)

  • 概要

    :赤白緑のメキシコの国旗三色カラーのフレッシュ野菜ソース

サルサメヒカーナ

「サルサメヒカーナ」は「メキシコのソース」という意味で、赤いトマト、白い玉ねぎ、緑の唐辛子(青唐辛子)という、メキシコの三色の国旗を模したとも言われる、国民的なサルサです。食べてびっくり、自作してびっくり。とにかく、青唐辛子の香りと辛さが素晴らしくて、やみつきになります。ごはんにかけてもよし、お肉にかけてもよし、フリホレス(煮豆)にかけてもよし。そしてタコス(トルティージャを使って具を乗せる料理)のソースにしても美味しいです。日本では生の青唐辛子が夏の短い期間出回ります。また家庭菜園で唐辛子を栽培している知人がいたら、赤く色づく前に分けてもらうのもよい入手方法です。そうして私は生の青唐辛子をたくさん冷凍して、一年中こういった青唐辛子の美味しさを楽しんでいます。

材料

作りやすい量):

完熟トマト
1個
青唐辛子(※1)
3本
にんにく
1/2かけ
小1/2
  • ※1:青唐辛子は、唐辛子が赤く色づく前の状態のものです。夏の時期には出回りやすくなりますが、季節を外すと入手が困難です。冷凍のものを使ってもよいですし、もしない場合は、調理開始より先に、ししとう3本を刻んでタバスコ小さじ1/2とあえておくと代用になりえます。

調理時間

作り方

  1. トマトをみじん切りにする。
  2. 青唐辛子とにんにくを特に細かいみじん切りにする。
  3. すべての材料を混ぜて出来上がり。
  4. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 青唐辛子がない場合は、ししとう3本を特に細かいみじん切りにし、タバスコ小1/2くらいと混ぜておくと代用になりえます。
  • 青唐辛子も、その代用で使用するタバスコも、辛いものが苦手であれば減らすこともできます。しかし辛くないとサルサメヒカーナでなくなってしまうので、辛さはある程度は保持するようにします。

Tips about cuisine

  • 「サルサメヒカーナ」のスペイン語(メキシコの公用語)の綴りは「Salsa Mexicana」。
  • 「Salsa」(サルサ)はタレ類を意味する。「Mexicana」(メヒカーナ)は「メキシコの」という意味。よって「Salsa Mexicana」(サルサメヒカーナ)は「メキシコのソース」ないし「メキシコのサルサ」の意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です