ザワークラウトミットヴルスト

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:キャラウェイ、ベイリーフ
キャラウェイベイリーフ

  • ドイツ料理

  • 現地表記

    :Sauerkraut mit Wurst(ドイツ語)

  • 概要

    :発酵キャベツとソーセージの煮込み

ザワークラウトミットヴルスト

ドイツ料理を語る代表的な食材といえば、ザワークラウト(発酵キャベツ)や本場のヴルスト(ソーセージ)、そしてじゃがいもやビールなど。そのうち最初の2つを混然一体と蒸し煮にしたこの料理はドイツの典型料理の1つで、じゃがいもを添え、(そしてビールをあければ)食卓はドイツ度満点です。ザワークラウトとヴルストをじっくりと蒸し煮にする過程でザワークラウトの酸味は調理中に旨味に変わり、なおかつ豊かなフレーバーを生み、ヴルストから出る旨味はもちろん濃厚です。日本でこの料理を作る場合、必ずしもドイツソーセージを探さなくてもよいのです。しかしながら、売り場にあるソーセージで、「美味しそー♡」って思う、普段食べないようなちょっとイイものを是非買い求めてみてください。太いソーセージほど皮パリ感と中のジューシーさが楽しめておすすめです。

材料

2人分):

ザワークラウト
2C(※1)
玉ねぎ
1/4個
サラダ油
大2
ソーセージ(※2)
4~6本
適量(※3)
クローブ
1本
キャラウェイ
あれば少量
ベイリーフ
1枚
  • ※1:作る人によりザワークラウトの量はまちまちです。700g入りの瓶詰めを1つ使い切るような、ザワークラウトを多く使うレシピもあります。
  • ※2:ドイツソーセージと言っても様々な種類があります。この写真では太さのある白ソーセージのようなものを使いました。売り場で「美味しそう♡」と思うソーセージを買い求めるとよいです。太さがある場合、はじけた皮とジューシーな中身の両方が楽しめるのでおすすめです。
  • ※3:ザワークラウトを炒め終わったあと、煮込むために水分を加えます。鍋の大きさによって加える水の量が変わりますが、ザワークラウトが浸る量の水があればよいです。

調理時間

(20分蒸し煮の場合)

作り方

  1. ザワークラウトをザルにあげ、水気を切っておく。漬け汁は念のため捨てないでおく。
  2. 玉ねぎを薄切りにする。
  3. フタができる鍋やフライパンにサラダ油を入れ、ソーセージを入れて、軽く焼き色をつける。
  4. ソーセージを取り出し、玉ねぎを入れて炒め、ザワークラウトを入れて炒める。
  5. ザワークラウトがやや浸る量の水を入れ、クローブ、キャラウェイ、ベイリーフを加え、ソーセージを上に乗せ、フタをして、弱火で20~30分蒸し煮にする。
  6. 蒸し煮の途中は、ときどき鍋底から返してザワークラウトが鍋底に焦げ付かないようにする。味見をして塩加減などを調える。酸味が足りなければザワークラウトの漬け汁を加え、酸味が強ければ水や砂糖を少し加えるとよい。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 元のザワークラウトの酸味や塩分が強すぎる場合、短時間水に浸けてから水気を切るとよいです。
  • ザワークラウトの酸味は煮込むと減るので、酸味を補いたいときのために漬け汁は捨てずに取っておくとよいです。
  • 煮込む鍋は蒸気が逃げにくい構造のものがよいです。また、鍋が大きすぎて中の空間が広くなってしまうと香りが逃げるので、材料に合ったサイズの鍋があるとよいです。私はタジン鍋を使用しました。
  • 煮込む鍋が蒸気の逃げにくい構造であるほど、蒸し煮にするときに加える水分量は少なくてすみます。最初から多く入れすぎると失敗しやすいと思うので、焦げつかない範囲内で少なめを心掛けるとよいです。
  • 蒸し煮時間はソーセージの太さによって変わります。
  • 煮込むときにブイヨンや白ワインやジュニパーベリーを使うレシピもあります。
  • 煮込んでいる最中にクローブやキャラウェイの風味を強く感じたら取り出します。
  • 付け合わせの定番は、ゆでじゃが、マッシュポテト、ポテトサラダ、マスタード、ビールなどです。

Tips about cuisine

  • 「ザワークラウトミットヴルスト」のドイツ語(ドイツの公用語)の綴りは「Sauerkraut mit Wurst」。
  • 「Sauerkraut」(ザワークラウト)は発酵キャベツ、「mit」(ミット)は英語のwith、「Wurst」(ヴルスト)はソーセージの意味。よって「Sauerkrauteintopf mit Wurst」(ザワークラウトミットヴルスト)は「発酵キャベツとソーセージ」の意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です