キモ

  • マダガスカル料理

  • 現地表記

    :Khimo(マダガスカル語)

  • 概要

    :ひき肉のスパイス炒め

キモ

アフリカインド洋に浮かぶマダガスカルはアジア人主体の国ですが、歴史の中でインド人やバントゥーやアラブ人も入り、文化的にも興味深い国となっています。「キモ」はマダガスカル第二の都市マジュンガ(マハジュンガ、マハジャンガとも)の料理です。キモとインド料理のキーマは同じ語源に由来する料理名だと思いますが、しかしながら、生姜もにんにくもコリアンダーも入らないこの味は、インドよりも格段にアラブ料理・・・例えばオマーンで食べたナシーフなどと味が近い気がしたのは、勘違いではないのかもしれません。マジュンガはコモロとの交易の玄関口の国であり、アラブの色が濃い。「インドじゃない、アラブのカレーの味」とはこういうものなのかと、そう思える風味と味わいを、是非お試しください。

材料

2人分):

牛ひき肉
150g
玉ねぎ
中1/2個
大1
トマト(※1)
1個
1C
チリパウダー(※2)
小1/4
パプリカパウダー
あれば小1/4
ターメリックパウダー
小1/4
クミンパウダー
小1
肉系のだしの素(※3)
少々
小1/2
じゃがいも
1個
  • ※1:生のトマトがなければトマト水煮缶を使用してもよい。
  • ※2:ここで言うチリパウダーは、赤くて辛い唐辛子の粉末のことです。チリパウダーの代わりに、一味唐辛子を(辛さによって量を加減して)使用してもよい。
  • ※3:チキンコンソメ、マギーコンソメ、ダシダなど。

調理時間

作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りにする。
  2. フライパンに油を入れて中火で加熱し、玉ねぎを入れ、透明になるまで炒める。
  3. トマトを角切りにし(あるいはフライパンの上で切り落とす)、フライパンに入れ、トマトをつぶすように炒めてソース状にする。
  4. 牛ひき肉とスパイス類と塩を入れ、全体を混ぜる。
  5. じゃがいもを小さな角切りにする。
  6. 牛ひき肉に火が通って1粒1粒が離れたら、じゃがいもと水を入れて、フタをして火が通るまで煮る。
  7. 最後に塩加減や辛さ、旨味、スパイスの加減を調える。
  8. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 塩は、最初小1/2くらいから入れてみて、味見で塩加減を決めます。
  • カレーのおかず全般に言えることですが、塩加減が少ないと美味しくならないので、塩はきちんと利かせるように心がける。
  • トマトをソース状になるように炒めるとき、煮詰まりすぎそうなら水を少し足すとよいです。
  • この写真では、チリパウダーのほかに、砕いた鷹の爪も少々入れています
  • マダガスカル料理なので、基本的にはごはんと一緒にいただきますが、マダガスカルはフランスから独立した国でもあり、現地では時にフランスパンと一緒に食べることもあります。

Tips about cuisine

  • キモのマラガシー(マダガスカル語)での綴りは「Khimo」。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です