キブダ

  • イエメン料理、エジプト料理

  • 現地表記

    :كبد(アラビア語)

  • 概要

    :レバーのスパイス炒め

キブダ

アラブやソマリの文化では、朝食によくレバーを食べます。昼食が一番重い食事なのですが、昼食の準備用に肉を捌く朝にレバーが発生して、それを新鮮なうちに食べる食文化なのだろうと思います。レバーはイエメンエジプトなどではアラビア語で「キブダ」や「ギブダ」と呼ばれます。香辛料の香りが実に素晴らしい。レバー嫌いの方にも「もしかしたらレバー好きになれるかもしれませんよ」と、おすすめしたくなってしまうほどの美味しさです。

材料

2~3人分):

レバー(※1)
200g
じゃがいも
100g
玉ねぎ
100g
サラダ油
大2
小1/2
ハワイジュ(※2)
小1
生の唐辛子(※3)
1人1本
  • ※1:現地では羊レバーやラクダレバーを使います。日本で手に入るものであれば、牛レバーがあればよいが、なければ鶏レバーでもよい。
  • ※2:ミックススパイス。なければリンク先を参考に、クミン:こしょう:ターメリック:カルダモン:クローブを、3:2:1:1:少々の比率で加えればよい。また、ないスパイスは省いてもよい。
  • ※3:あれば緑唐辛子がよい。

調理時間

作り方

  1. レバー、じゃがいも、玉ねぎを細切りにする。
  2. フライパンに油と塩を入れ、熱し、具を入れて炒める。
  3. ハワイジュまたはそれに相当するスパイスを入れて全体をなじませる。
  4. 器に盛り、あれば生の唐辛子を添える。
  5. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 油に塩を入れることで、具にまんべんなく塩味がゆきわたります。
  • レバーの火の通りを均一にするために、フライパンの中で重ならないようにします。
  • じゃがいもは細めの千切りにし、生焼けを防ぎます。
  • レバーの血抜きはしません。血の旨味が美味しいので。
  • 炒めすぎるとレバーがぼそぼそして美味しくなくなるので、弾力があるうちにお皿に盛ってください。
  • 肉汁を残したい場合は、炒めている途中で水を若干入れてもよいです。
  • この写真は鶏レバーで作りました。
  • この料理は、調理に唐辛子を使わないので辛くありません。辛味が欲しい人が好みで食べられるように、現地式に、青唐辛子を添えています。
  • 薄焼きのパンとミルクティーを添えれば、現地の雰囲気満点です!

Tips about cuisine

  • 「キブダ」のアラビア語(イエメンエジプトの公用語)での綴りは「كبد」。
  • 「キブダ」は肝臓の意味である。
  • 日本人の耳にはギブダと聞こえることも実に多い。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です