ケアラー

  • :イスラエル料理

  • 現地表記

    :קערה(ヘブライ語)

  • 概要

    :過越(すぎこし)の聖餐のワンプレートディッシュ

ケアラー

イスラエルの春、そして世界中のユダヤ人の春、食卓にはワインとこのプレートが並びます。過越(すぎこし)は、ヘブライ語ではペサハ、英語ではパスオーバーと言う、何千年も前のユダヤ人の解放である「出エジプト」に由来する行事です。このときユダヤ人の食卓に並ぶのが、ヘブライ語でケアラー、英語でセダープレートというワンディッシュです。私は過越の時期にイスラエルにいて、ユダヤ人のお友達に、この料理の話を聞き、いつか作ろうと思い、やっと夢がかないました。1つ1つの料理に意味があり、ワインと合わせていただくあたりが、どこか、日本のおせちのようです。
このページはイスラエルの公用語であるヘブライ語の見出しをつけました。しかしユダヤ人は世界各地にコミュニティーをもっており、例えば米国在住ユダヤ人はこれを英語でセダープレート(seder plate)と呼びます。英語を見出しにしたページは別途作成します。

材料

4人分):
◆マーロール(フライン):

ホースラディッシュ
大2
小2/3
砂糖
小1/2

◆ハローセト

乾燥ナツメ
100g
レーズン
50g
くるみ
20g
赤ワイン
250mL
シナモンパウダー
小1/2
はちみつ
大1

◆ゼロア

骨付きの肉(※1)
4本
小1/2

◆ハゼレト

苦い葉野菜(※2)
4枚

◆カルパス

苦い葉野菜(※3)
4枚

◆ベイツァ

4個

◆メイメラハ

お湯
300mL
大1.5

◆マッツァ

薄焼きクラッカー
4人が食べる量

◆ヤイン

赤ワイン
グラス4杯分
  • ※1:羊、牛、鶏などの骨つき肉。肉は多くなくてよい。今回は鶏の手羽元を使用。
  • ※2:ロメインレタスなど。今回はルッコラを使用。
  • ※3:摘みたての野菜がよい。今回はセロリとイタリアンパセリを使用。春ならよもぎがよい。

調理時間

作り方

  1. ◆マーロール:材料を全部混ぜる。
  2. ◆ハローセト:固形の材料を全部みじん切りにし、赤ワイン200mLで煮てピューレ状にする。はちみつとシナモンパウダーを入れ、残りの赤ワインを入れて煮詰め、固いジャム状にする。
  3. ◆ゼロア:骨がむき出しになるように包丁を入れ、塩を全体にまぶして、オーブンやフライパンで火が通るまで焼く。
  4. ◆ハゼレト:葉を洗って水気を切る。
  5. ◆カルパス:同上。
  6. ◆ベイツァ:固ゆで卵を作る。お湯に卵を入れ、火にかけながら15分ゆでる。
  7. ◆メイメラハ:お湯に塩を入れてかき混ぜて溶かし、自然に冷ます。
  8. お皿に、7か所の料理を乗せる。私はイスラエルで見た順に、時計12時から時計回りに、マーロール(フライン)、ゼロア、ハローセト、ハゼレト、カルパス、ベイツァ。中央にメイメラハ。薄焼きクラッカーを食卓に置き、グラスにワインを注ぐ。
  9. 最初にカルパス(セロリやパセリ)をつまみ、メイメラハ(塩水)につけていただきます。その後は、ユダヤ人のかつての苦難とエルサレム奪回を目指した歴史などを会話しながら、いただきます。
  10. 食事中に、ワインを、4度飲みます。
  11. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • ハローセトは前もって作っておくと楽です。
  • マーロール(フライン)は、チューブ状のホースラディッシュを使うと楽です。

Tips about cuisine

  • ケアラーのヘブライ語の綴りは「קערה」。
  • 過越の聖餐をセデルと言い、このプレート料理は、英語ではセダープレート(seder plate)と呼ばれる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です