ラプシャ

  • ロシア料理、ベラルーシ料理、ウクライナ料理、モルドバ料理

  • 現地表記

    :лапша(ロシア語)

  • 概要

    :シンプルな麺料理

ラプシャ

東欧の素朴な美味しさを感じる麺料理です。私が食べたものはシンプルで美味しい麺料理。ともあれ玉ねぎをじっくりソテーして得るソースは、何物にも代えられない美味しさがあり、感激しました。1人分あたり玉ねぎ1個を消費するのですから、それはそれは旨味が濃厚ですね。無糖ヨーグルトかサワークリームをかけていただくのが至極美味なのです。

材料

2人分):
<うどん麺>

強力粉(※1)
120g
60mL
小1/4

<具>

玉ねぎ
2個
バター
大1/2
サラダ油
大1.5
小1/3
サワークリーム(※2)
あれば好きな量
  • ※1:強力粉だけのうどんはコシが強くて美味しいのですが延ばしたときのはね返りも強く扱いにくいかもしれないので、中力粉を使っても、薄力粉とブレンドしてもよいです。
  • ※2:サワークリームは市販のヨーグルトと生クリームを混ぜて作る手作りのスメタナでよいです。なければかわりに無糖ヨーグルトを使ってもよいです。

調理時間

(麺生地を寝かせる時間を除く)

作り方

  1. <麺の準備>強力粉と水と塩をよく練り、乾燥しないようにボウルにフタをするかビニール袋に入れるなどして、できれば2、3時間寝かせておく。
  2. <具の準備>玉ねぎを薄くスライスする。
  3. フライパンにバターとサラダ油を入れて中火にかけ、玉ねぎと塩を入れ、火を弱めてフタをする。
  4. こまめにフタをあけては混ぜ、玉ねぎをじっくりととろとろにする。
  5. 玉ねぎとろとろソースが出来たら火を止める。
  6. <麺を作る>作業台に打ち粉の小麦粉(分量外)をふり、麺生地を乗せ、打ち粉をふりながら麺棒で厚さ5mm弱に延ばし、包丁で幅5mm弱に切る。
  7. 麺を1本1本つかみ、打ち粉をまぶし、麺どうしがくっつかないようにする。
  8. スープの鍋を強火にし、煮立った瞬間に麺を入れ、吹きこぼれないように火加減を調節しながら5分を目安に麺を煮る。
  9. 麺を1本試食して火が通っていたら火を止めてザルにあげる。
  10. ゆであがった麺を器に乗せ、玉ねぎソースとサワークリームをかけてできあがり。
  11. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 玉ねぎはじっくり加熱し、焦がさずにとろとろにします。
  • 市販のコシのあるうどんを使ってもよいです。

Tips about cuisine

  • 「ラプシャ」のロシア語(ロシア、ベラルーシの公用語、ウクライナやモルドバで通じやすい言語)の綴りは「лапша」。
  • 「лапша」(ラプシャ)は麺という意味である。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。