メウンタン

メウンタン、韓国料理、北朝鮮料理、魚の辛い汁

メウンタン

メウンタンは、韓国や北朝鮮の言葉で、直訳して「辛い汁」という意味をもつ料理です。美味しそうな魚肉たっぷりのメウンタンや、ときにはキノコのメウンタンなど、いろいろな種類があります。でも、お刺身を食べる文化があるので、そうしたときにアラが出ること、アラ汁を作って食べることは日本と同じ。私も韓国の魚市場でお魚料理を食べたとき、お店がアラを使って無料でメウンタンを作ってくれました。そういう素敵な記憶もなつかしくて、いつも魚のアラを使ってメウンタンを作っています。
材料(2~4人分):

体長20~30cmくらいの魚を捌いて魚肉を取った残り・・・1尾分
・・・ひたひた。600mLとか。
コチュジャン・・・大1(適当でよい)
コチュカル(唐辛子粉)・・・大5 (適当でよい)
チリパウダー・・・好みで少々
・・・小1/2
醤油・・・好みの量(味見で決める)
にんにく・・・3~5かけ
生姜・・・にんにく1かけ分くらい
玉ねぎ・・・1/2個
調理時間:
作り方:

  1. にんにくと生姜をすりおろし、玉ねぎをスライスする。
  2. すべての材料を鍋に入れ、加熱を開始する。
  3. 沸騰したらガーっと強火で5分以上加熱する。
  4. 味見をして、塩加減や辛さを好みの加減に調えてできあがり。
  5. Enjoy!
こつは:
・ガーっと強火で加熱することで、骨から旨味を引き出します。
・仕上げにタデギが大1~2くらい入ると美味しい。
・中骨、皮、内臓(緑の部分や腸の中身を除く)、エラを取った頭など、いろいろと入れると美味しいです。

Tips about cuisine

・メウンタンのハングル文字の綴りは「매운탕」。
・「メウン」(매운)は「辛い」、「タン」(탕)は「汁物」の意味。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です