スンドゥブチゲ

スンドゥブチゲ、韓国料理、北朝鮮料理、固めていない豆腐の辛い鍋物。

スンドゥブチゲ

もし冷蔵庫に、手作りの豆腐があれば、是非韓国は全州の名物料理を作ってみませんか。日本ではいつの間にか絹ごし豆腐を使うのが定番になってしまったようですが、スンドゥブとは型に入れず固まっていない柔らかい豆腐を意味するのです。
材料(2人分、釜めしの器使用):

お湯・・・300mL
昆布・・・5cm角1枚
玉ねぎ・・・1/4個
長ねぎ・・・10cm
・・・大1/2
コチュカル(韓国の唐辛子粉)・・・大3
その他辛いもの(唐辛子、鷹の爪、コチュジャン、チリパウダーなど)・・・好きな量
あさり・・・6粒
おろしにんにく・・・中国産サイズで2かけ分
手作りの豆腐・・・汁ごとお玉2杯
調理時間:
作り方:

  1. お湯に昆布を沈めておく。
  2. 玉ねぎと長ねぎをスライスしておく(長ねぎは斜めスライス)。
  3. 小鍋に油を入れ、コチュカル(唐辛子粉)をゆっくり炒める。
  4. いい感じに色づいてきたら、昆布だしを入れ、野菜、あさり、おろしにんにく、その他の辛いものを入れて、沸騰させる。
  5. 具が煮えた頃に味見をし、塩、醤油、唐辛子粉、ダシダ(牛肉ダシの素)、はまぐりダシなどで好みの味と辛さにする。
  6. 豆腐を汁ごと入れ、再び沸騰したら、食卓に出す器によそう。
  7. Enjoy!
こつは:
・あさりを使うと旨味がよく出ます。韓国でもよくチゲに含まれる材料です。
・イカを少し入れても美味しいです。
・コチュカル(唐辛子粉)は、キムチ用唐辛子として売っているものでよいです。日本の一味唐辛子は辛味が強すぎるので、使う場合はぐっと減らして様子を見てください。
・直火にかけられる一人用土鍋があれば、直接火にかけて作りそのまま食卓に出すことができます。
・コチュカル(唐辛子粉)を炒めるときに黒くなってしまうと出来上がりも黒くなってしまいますので注意。
・スープの味見の段階では、豆腐を入れると味が薄まることに留意してください。

Tips about cuisine

・スンドゥブチゲのハングル文字での表記は「순두부찌개」。
・スン(순)は日本語でいう「純」、ドゥブ(トゥブ、두부)は「豆腐」、チゲ(찌개)は一人用の鍋で煮込む料理のこと。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です