ブラックアイドピー

ブラックアイドピー、米国料理、アメリカ料理、黒目豆の煮物。

ブラックアイドピー

ブラックアイドピー(black eyed pea)は、その英語の直訳通り、日本語では黒目豆と呼ばれるものです。ブラックアイドピーは豆の名前でもあり、また、煮込んだ料理の名前でもあります。アフリカ系の住民が多い米国南部ではこの料理を、新年のお祝い料理として食べる習慣があります。アメリカらしい味で、美味しいですよ。パンにとってもよく合います。
材料(2~4人分):

黒目豆(乾燥)・・・1/2C
水(豆を戻す用)・・・豆の体積の2倍以上
玉ねぎ・・・1個
にんにく・・・好きな量
・・・大1
ソーセージやベーコン・・・好きな量
水(煮る用)・・・適量
トマト、トマトピューレ、トマト缶、ケチャップなど・・・トマト缶なら半分くらい。
・・・味見で決める
こしょう、タイム、オレガノなど。・・・好きな量。
調理時間:(豆を戻す時間を除く)
作り方:

  1. 黒目豆を水に漬けて、1日置く。
  2. 玉ねぎを1cm角に切り、にんにくをみじん切りにし、鍋に油を入れてよく炒める。
  3. ソーセージやベーコンを切って鍋に入れ、炒める。
  4. トマトを入れ、炒め、固形のものはつぶす。
  5. 豆の水気を切り、鍋に入れ、水をひたひたに注いで、煮る。
  6. フタをして、あまり混ぜずに、弱火で1時間くらい煮る。
  7. 途中で味見をして、塩、こしょう、タイム、オレガノなどで好きに味付けする。
  8. 汁気が少ないのが好みなら、フタをあけてさらに煮て、水分を飛ばす。
  9. Enjoy!
こつは:
・黒目豆の皮は取らなくてよいです。皮を取ると黒目がなくなってしまいます。
・豆を煮ているときにアクが出ますが、取らなくてよいです。更に煮ているとアクが溶け込んでいきます。
・赤くてトマトが多いのが好みなら、最後のほうでケチャップを追加してもよい。

Tips about cuisine

・アメリカ南部の正月料理。
・お正月にこれを食べると1年健康で過ごせる。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です