ローカロリーの神様到来!フローズンこんにゃくを使った「ダイエットガパオ」

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:あらびき唐辛子
チリペパー

ダイエットガパオ

タイ料理のガパオ(カプラオ)を、超ローカロリー(7kcal/100g)のフローズンこんにゃくで作ってみました。ひき肉を全てこんにゃくに置換した、フローズンこんにゃくの「ダイエットガパオ」です

美味しい!!!

「ローカロリーの神様到来!!」と心底感激しました。

こんにゃくを冷凍しておくと、解凍後は水分が抜けたことで独特な歯ごたえのある食感が生まれます。このフローズンこんにゃくは、刻めばより水分が取れるので、炒め物に適した食材になります。

ダイエットガパオ

ただし、いつもの炒め物をフローズンこんにゃくで作っても、なんかダメ。例えば食べ慣れたそぼろとか肉団子などにしようと思っても、お肉のそぼろを食べ慣れてしまっている以上異質な食感に違和感が強くて、「あれ?」って・・・、食べていても素直に楽しめないんですね。

しかし日本人にとってガパオなら大丈夫。タイバジルやバジルが隆盛する夏の料理。幼少より食べ慣れたソウルフードなどではなく、時たまの「特別料理」、時々の「異国の料理」、食べ慣れていない「新しい料理」だから、フローズンこんにゃくで作っても「これはアリかも♡」って思えます。

ということで、ダイエット意識が高かったとある日に、フローズンこんにゃくを解凍して刻んで、唐辛子、にんにく、バジルなどと炒めて、タイ料理のガパオを作ったんです。

「おおお、ローカロリーの神様到来!!」って、感激しました。しかも美味しい♪♪

この昼食の献立は、ダイエットガパオと、ごはんと目玉焼き。生トマトとゆでオクラ、水です。相変わらずトマトやゆでオクラには何もかけていません。

<フローズンこんにゃくで作るガパオの注意点>
ひき肉と違いこんにゃくは調味料を吸わないため、調味料を減らさないと味が濃すぎます。よって、ひき肉を使って作るガパオから、以下の分量に変更します。
オイスターソース:大1.5→大1(33%減)
ナンプラー:大1→小2(33%減)

<カロリー差異>
2人分レシピで、ひき肉の場合は150gを使い330kcal、こんにゃくの場合は200gを使い15kcalです。よってフローズンこんにゃく使用の「ダイエットガパオ」の場合、1人あたり摂取エネルギーを約160kcalも減らすことができます

レシピは簡単です。

heart『ローカロリーの神様♪ ダイエットガパオ♪』
材料(2人分):

こんにゃく(※1)
200g
にんにく
1かけ
赤唐辛子(※2)
1本
サラダ油
小1
オイスターソース
大1
ナンプラー
小2
タイバジルの葉(※3)
お茶碗1杯

※1:こんにゃくは、冷凍したものを解凍して用います。
※2:赤唐辛子は生のものがよいですが、ない場合は砕き唐辛子か鷹の爪の輪切りで代用します。
※3:あればホーリーバジル。ホーラパーも良い。なければミントか日本のバジルを使用します。

作業工程:15 分(こんにゃくの冷凍と解凍の時間を除く)

  1. 解凍こんにゃくを粗みじん切りにする。このとき出てくる水分は自然に落とす。
  2. にんにくと赤唐辛子をすりばちとすりこぎで叩いてよく潰す。
  3. フライパンにサラダ油を入れて熱し、にんにく赤唐辛子を入れて炒め、香りが出たらこんにゃくを入れて7割ほど火を通す。
  4. オイスターソースとナンプラーを加えて全体に均一に味をつけたら、タイバジルを入れ、軽く炒めて葉がしんなりしたら出来上がり。
  5. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

ダイエットガパオ

ガパオですから目玉焼きとごはんが最強コンビネーション。栄養価バランスを考えると、白米&こんにゃくだけよりも卵が1つあれば健康的な栄養バランスに近づきます。そして、ざっと目玉焼き100kcal、ごはん250kcalとした場合、調理の油分を含めて、ダイエットガパオ定食のエネルギー量はざっと400kcalです。一方、お肉のガパオ定食では560kcalになります。

1食が、これだけ素敵で、400kcalって、すごい!! だってガパオ部分だけで50kcalもないんですもの。大勝利だと思います。

何よりも、食べた時にタイに行った味がするんです。味がちゃんとガパオなんです。だからこそ感激はひとしおです。

* * *

<タイ語ミニ講座>
もしこれにタイ語で料理名をつけるなら、「パッカプラオブ」(ผัดกะเพราบุก)にしようと思います。
「ผัด」(パッ)は炒めるの意味、「กะเพรา」(カプラオ)はタイバジル(ホーリーバジル、和名はカミメボウキ)の意味で、これが日本語化したときにガパオ。「ブ」(ブッ、บุก)はこんにゃくの意味。よって「ผัดกะเพราบุก」(パッカプラオブ)は直訳して「タイバジルとこんにゃくの炒め物」の意味になります。

* * *

こんにゃくメインでこれだけの美味しい料理が作れたら、大感激。これからも体重や体型をスリムにしたいとき、私自身、これからも「ダイエットガパオ」を作って食べていこうと思います。

ダイエットガパオ



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。