【西アジア】17
アフガニスタン
イラン
トルコ
イラク
シリア
レバノン
ヨルダン
サウジアラビア
クウェート
バーレーン
カタール
アラブ首長国連邦
オマーン
イエメン
イスラエル
パレスチナ

当サイトでは、ペルシャ文化圏のアフガニスタンイラン、アラビア半島あるいはガルフの国々、そしてトルコとその沖の島のキプロスを含めた17ヶ国を「西アジア」とします。

中東という言葉は、ヨーロッパから東に見て近い(近東)あるいはやや近い(中東)という意味合いの曖昧な言葉であり、出典によっては北アフリカのエジプトやリビアを中東に含めることがあるもののそれは至って少数派です。私は、アフリカ大陸の国はアフリカに区分しますので、エジプトやリビアは北アフリカに分類しています。

また、コーカサスを西アジアに含める方法もありますが、当サイトでは西アジアの国(17か国)が多くなりすぎるのを避けるために、コーカサスはコーカサスで独立させています。こうすることで、西アジアには旧ソ連の政治形態が入らなくなるのも利点です。

アフガニスタンは主要民族パシュトゥーン人がパキスタンと共通することから南アジアに含める方法もありますが、文化的にペルシャすなわちイランと共通していることから、西アジアに分類しています。

パレスチナとイスラエルは両者の主張する領土が大きく重なります。しかしどちらも国家の定義を満たし、異なる主権をもつため、異なる国として分けています。

また、アラブ首長国連邦の場合、首長国ごとに数えて7つの国、というようなことはしません。

悩むのはキプロスで、当サイトでも2020年まではキプロスを欧州/南欧に区分していました。キプロスはトルコのすぐ沖の島国で、本来地理上はアジアに分類すべきとは承知していたものの、ギリシャ系住民の政権が世界に認められ、EU加盟もし、国連分類でも南欧に区分されることから、無難をとって欧州にしていました。しかし地図を見るとやはりそこはトルコに抱きかかえられるような位置にある、アジアの離島です。よってキプロスをアジアの島とし、国分類では西アジアに含めました。

国分類トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。