【東欧】12
ロシア
ベラルーシ
ウクライナ
モルドバ
ルーマニア
ブルガリア
セルビア
コソボ
ボスニアヘルツェゴビナ
モンテネグロ
北マケドニア
アルバニア

ロシアから旧ユーゴスラビアまで、南北につながっています。スラブ系民族を主体とする国々です。
ロシア、ウクライナ、べラルーシは、東スラブ。もとキエフ・ルーシ(キエフ公国)という同じ母体に属していました。セルビアから北マケドニアは旧ユーゴスラビアの国々です。

<国分類基準>
中欧と東欧の境は宗教性を重視する方式があり、私もそれを支持しています。東欧は正教とイスラムが目立つ地域。中欧はカトリックとプロテスタントが目立つ地域ということで分類基準の1つとしました。

ポーランドは東欧の要素も強いのですが、上記宗教性の強さから中欧に分類しました。

旧ユーゴスラビアのうち、カトリック色の強いスロベニアとクロアチア中欧に区分しました。

旧ユーゴスラビアのうち、コソボとアルバニアはアルバニア人の国ですが、コソボはセルビア側の見解ではセルビアと同国(国内の一地域)であり、帰属問題を未だ抱えています。もともとアルバニア人がスラブ人ではないのに両国がユーゴスラビアだったことなど、背景は複雑です。セルビアと切り離したらじゃあ南欧に属するのか? と言ってもそれも単純にはうまくいかない。現状では、これらの背景を鑑み、コソボとアルバニアは東欧に分類しています。

<国カウント基準>
沿ドニエストル(別名トランスニストリア、モルドバ国内で1990年に独立宣言をしたロシア系住民が多く住む東部地域)は、要はモルドバ本体から分離したがっている地域だが世界諸国は独立非承認。私もモルドバ国内の一地域という扱いをし、2009年に沿ドニエストルを訪問しているものの、一か国には数えていません。

国分類トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。