国分類-西アフリカ(16)

【西アフリカ】16
モーリタニア
マリ
セネガル
カーボベルデ
ガンビア
ギニアビサウ
ギニア
シエラレオネ
リベリア
コートジボワール
ガーナ
ブルキナファソ
トーゴ
ベナン
ニジェール
ナイジェリア

サヘル(サハラの縁、サハラに沿った以南)の国々です。北アフリカがアラブが色濃いのと比較すると、西アフリカはやはり毛色の違う、ブラックアフリカです。また、フランスの旧植民地が半分以上を占め、フランス語が公用語となる国が多い地域となります。

<国分類基準>
モーリタニアは西アフリカか北アフリカかで意見が分かれるところです。確かに政治主体がアラブで、アラブ系民族も多く、アラビア語も通用する国ではあります。しかし、地中海から完全に離れたこと、サハラ砂漠越えの難所よりも南部に位置すること、ブラックアフリカの要素が比較的強いこと、セネガルとの経済的連携が強いことなどを考慮した上で、西アフリカに分類しました。

国分類トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。