バーベキューソース

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2021】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:白こしょう、パプリカ、カイエンペパー
白こしょうパプリカカイエンペパー

  • 米国料理、カナダ料理

  • 現地表記

    :BBQ sauceまたは Barbeque sauce(英語)

  • 概要

    :手作りのバーベキューソース

バーベキューソース

なんと美味しい手作りのバーベキューソース!! グリルの季節がやってきたら、手作りのバーベキューソースを是非冷蔵庫に。ついケチャップをかけて食べるお肉料理が格段にレベルアップします。「いかにもアメリカ!」「いかにも北米!」「いかにもバーベキュー!」と言わんばかりに非常によく再現できた味です。

材料

出来上がり約300 mL分):

玉ねぎ
1/8個
にんにく
1かけ
ケチャップ
200 mL
はちみつ
40 g
黒糖
大1
リンゴ酢
60 mL
ウスターソース(※1)
大1
マスタード(※2)
大1
リンゴジュース(※3)
50 mL
塩(※4)
小1/4
白こしょう
小1/2
パプリカパウダー
小1/2
カイエンペパー
小1/5
味の素
好みで少々
  • ※1:ウスターソースやトンカツソースなどの類でもよいです。
  • ※2:マスタードはホットドッグ用マスタードがよいです。
  • ※3:リンゴジュースは、リンゴジャムやさくらんぼなどフルーティーさをもたらすもので代用できます。
  • ※4:塩はセロリソルトがあると美味しいです。

調理時間

:20 分

作り方

  1. 玉ねぎとにんにくを細かいみじん切りにする。
  2. すべての材料を小鍋に入れ、弱火で10分間程度混ぜながら煮る。
  3. にんにくや玉ねぎによく火が通ったらハンドブレンダーにかけるかすりばちですって、固形分をなくす。
  4. 味見をして、酸味加減や甘さ加減を好みに調える。
  5. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • ジャンクな味の中にフルーティーさを出すのがポイントです。ここでは100%リンゴジュースを使っていますが、生のさくらんぼで作ったときも非常に美味しかったです。
  • ガーリックパウダーとオニオンパウダーがあれば包丁を使わず混ぜて煮るだけで作れます。
  • 味の素の使用は任意ですが少々入れると現地の市販品/レストランの味に近くなります。

Tips about cuisine

  • 「バーベキューソース」の英語(米国やカナダの公用語)の綴りは「Barbeque sauce」または短縮形で「BBQ sauce」。
  • 「Barbeque」や「BBQ」はバーベキュー(肉の炙り焼き)の意味で、「Sauce」(ソース)はタレなどの意味。よって「Barbeque sauce」または「BBQ sauce」は「肉の炙り焼きのタレ」の意味になるし、日本語でも「バーベキューソース」で通用する。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。