バーベキューチキン

  • 米国料理、カナダ料理、バミューダ料理、バハマ料理

  • 現地表記

    :BBQ chickenまたはBarbeque chicken(英語)

  • 概要

    :鶏肉のスパイシーバーベキュー焼き

バーベキューチキン

さあさあ、アメリカンなバーベキューは美味しいよ! スパイスラブ(こすりつけるタイプのスパイスミックス)で下ごしらえされ、次に甘めのバーベキューソースでコーティングされ、低めの温度でじっくりスモーキーにグリルされます。スパイスで風味良く、美味しいバーベキューソースが絡まってお肉もしっとりと焼き上げられます。ここではよくあるチキンウィング(手羽先)のバーベキューチキンのレシピを掲載します。手羽先はコラーゲンもたっぷり♪ 箸もフォークはいったん置いておいて、素手でつかんで食べてみてください。

材料

8本分):

鶏手羽先(※1)
8本(※1)
スパイスラブ(※2)
大1
BBQソース(※3)
大5
  • ※1:ここではバーベキューチキンウィングとして手羽先を使用しています。8本でおよそ500 gです。
  • ※2:スパイスラブはリンク先を参考に事前に作るか、手持ちのスパイスの中から組み合わせておきます。
  • ※3:バーベキューソースはリンク先を参照に事前に作るか、市販品を購入しておきます。

調理時間

(寝かせる時間や放置の時間を除く)

作り方

  1. <半日~1日前>鶏手羽先にスパイスラブをなるべく均一にふりかけ、手でこすってなじませ、フタができる容器に入れて冷蔵庫に半日~1晩置いて寝かせておく。
  2. <当日数時間前>鶏手羽先を冷蔵庫から出しておく(夏なら1時間前、冬なら半日前など、鶏肉が傷まない範囲でなるべく室温に戻す)。
  3. <加熱調理>オーブンを170℃に予熱し、オーブン天板にクッキングシートを敷き、皮が上に向くように鶏手羽先を並べ、170℃のオーブンで20分焼く。
  4. 鶏手羽先をひっくり返し、裏面を10分焼く。
  5. バーベキューソースをハケで塗り(なければスプーンの背などで塗る)、引き続き裏面を10分焼く。
  6. 鶏手羽先をひっくり返し、バーベキューソースを塗り、10分焼く。
  7. 1つ取って中を確認し、骨の際まで火が通っていることを確認する。もしも生焼けがあるなら全部を追加で加熱する。
  8. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • ここではよくある「バーベキューチキンウィング」を作るために鶏手羽先を使用しました。チキンウィング(手羽先)以外でも、好きな部位で「バーベキューチキン」を作っていただけます。
  • オーブン温度が高いと表面だけ焼けて中が生焼け状態を招きやすくなるので、オーブンは170℃くらいの低温にしてじっくり加熱し、骨の際にも火が通るようにします。初回ひっくり返すまでの時間を20分としましたが、もしジュウジュウ焼ける音がしなければもう少し長く焼くと安心です。
  • 鶏手羽先の表裏は、バーベキューソースを塗る前に表(皮の面)を焼き、裏を焼き、バーベキューソースを塗って裏を焼き、最後は表にバーベキューソースを塗って焼きます。この順に焼くことで、盛り付けるときにきれいに見える皮の面を美しく焼くことができます。
  • 最後に表の面を焼き終わったとき、乾いているのが気になったら、仕上げにバーベキューソースを少し塗ると照りが出て美味しそうに見えます。

Tips about cuisine

  • 「バーベキューチキン」の英語(米国、カナダ、バミューダ、バハマの公用語)の綴りは「BBQ chicken」または「Barbeque chicken」。
  • 「Barbeque」や「BBQ」はバーベキュー(肉の炙り焼き)の意味で、「Chicken」(チキン)は鶏肉の意味。よって「BBQ chicken」または「Barbeque chicken」は「鶏肉の炙り焼き」の意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。