アイスランド料理

+++新着+++


【基礎情報】

国名:アイスランド共和国Iceland、首都:レイキャビク、ISO3166-1国コード:IS/ISL、独立国(1944年デンマークより)、公用語:アイスランド語、通貨:クローナ

▲目次に戻る


【地図】

アイスランドは、グリーンランドとスカンジナビア半島の間にある島国です。

▲目次に戻る


◆「地球の生まれ方」が見える国には羊がいっぱい。

アイスランドは地球のプレートが生まれる場所にある、世界で一番「新しい」国(それでも氷河期にはすでにこの島は形成されていたとのことです)。観光ポイントといえば、火山、川温泉、それから間欠泉ゲイシールに、プレート発生地点の上に立つ地球の割れ目ギャウなど、アイスランドは盛んな大地の活動が見どころです。熱い国なのに氷河もあり、白眉の大自然は絶景の連続で、アイスランドを旅すると、すがすがしさに最高の気分になります。食べるものの種類は多くありませんが、きれいな空気、氷河や雪が融けた美味しい水、もうこれだけで、アイスランド料理の美味しさが目に浮かぶようです。

コウテラトゥル
アイスランドには至る所に羊が生息しています。美味しい羊のステーキ。(撮影地ヴィーク)

アイスランドは、グリーンランドとスカンジナビア半島の中間、北極圏のすぐ南に位置する島国です。9世紀のノルウェー動乱の時期に豪族らがヴァイキングとなって海に逃れてアイスランドへ定住し、その後も、数十年間スカンジナビア半島からの移住が続きました。アイスランド人の祖先は、このような「ヴァイキング」と呼ばれる人々です。

彼らが船に乗せて運んできたと言われる羊は、今やアイスランド人口の何倍もの数に増え、国中が羊だらけです。牧畜が盛んで、島国ゆえ漁業も行われています。ヴァイキングの時代から受け継がれる数々の保存食も、今は近代的な欧米の料理に置き換わってきている面はありますが、アイスランド料理といえば、伝統的に、羊と乳製品と魚なのです。
▲目次に戻る

主食 Staple

アイスランド料理の主食はプルイス(パン)です。アイスランドは独立前はデンマークであり、アイスランドの最初のベーカリーはデンマーク職人が開いたとのことで、デンマークのパン焼き技術が広まっています。ライ麦粉を使ったルグプルイス(黒パン、ライ麦パン)がよく食べられています。

ルイファプルイスは、ルイファ=葉っぱの文字通り(英語のleafに相当)、ひらひらとした薄いパンで、葉っぱのパン、ときに雪のパンとも呼ばれます。アイスランド北部(フサヴィークHúsavik)からアイスランド全土に広まったもので、薄い円形のパン生地に雪模様などの幾何学模様を切りこんで、油で揚げて模様を楽しみながらいただきます。これは17~18世紀の穀物不足時代に少ない小麦粉で作られたものだと言われています。

「北欧っぽさ」に、憧れ、ときどき|あづさDIARY

▲目次に戻る

乳製品 Dairy Products

スキールはアイスランド名物の乳製品です。製法上はチーズに分類されるらしいのですが、知らないで食べるとヨーグルトって言ってしまいそうな白くて流動性の高い乳製品です。ともあれ信じられないほど美味しい。かつてヴァイキングがスカンジナビア半島から移住したときに持ち込んだと言われており、現在ではアイスランドを代表する食材ではありますが、ノルウェーには残っていません。ブルーベリー入りなど、様々なフレーバーのスキールも市販されています。
▲目次に戻る

料理名一覧 Food & Drink Glossary

【主食】
  • プルイス(Brauð)・・・パン
    • ルイファプルイス(Laufabrauð)・・・幾何学模様の入った薄い円形揚げパン
    • ルグプルイス(Rúgbrauð)・・・黒パン、ライ麦パン
【乳製品】
  • スキール(Skyr)・・・ヨーグルトのようなチーズ。

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。