ナルゲシ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2021】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:ターメリック、こしょう、ガーリック
ターメリックこしょうガーリック

  • イラン料理

  • 現地表記

    :نرگسی(ペルシャ語)

  • 概要

    :ほうれん草炒めに卵ぽっとん

ナルゲシ

中東のイランの家庭料理はいかがですか。美味しそうなほうれん草がたっぷり手に入ったときなど、イラン風にターメリックを利かせて炒めて、くぼみをつけて卵を落として数分間蒸し焼きにするだけの簡単&美味しい料理です。シンプルな料理なので現地でも作り方にはバリエーションがありますが、この、生のにんにくと乾燥にんにくを両方使うという、2つのにんにくフレーバーをあわせたレシピが気に入りました。栄養価が高いほうれん草がたくさん摂れて、これはいいおかずになります。

材料

2人分):

ほうれん草
150~200 g(※1)
玉ねぎ
1/4個
にんにく
2かけ
オリーブオイル
大1
バター
大1
ターメリック
小1/2
ガーリックパウダー
小1/3
こしょう
小1/3
2個
小1/4
  • ※1:ほうれん草は1束と言っても規格がまちまちなので、重量で規定しています。大きなパック1つ分くらいでしょうか。

調理時間

作り方

  1. ほうれん草を洗ってザルにあげ、根本と太い茎を取り除き(他の料理に使えるので捨てない)、葉と食べやすい茎の部分を残す。
  2. ほうれん草の葉と食べやすい茎の部分を、2 cm幅に刻む。
  3. 玉ねぎをみじん切りにする。
  4. にんにくをみじん切りにするかクラッシャーでクラッシュする。
  5. フライパンにバターとオリーブオイルを入れて中火で熱し、バターが融けたら玉ねぎ、にんにく、ターメリックパウダーを入れて、玉ねぎが透き通るまで炒める。
  6. ガーリックパウダーとこしょうを加え、全体が均一になるように混ぜながら炒める。
  7. ほうれん草を加え、全体がしんなりするように炒める。
  8. 弱火にし、卵を落とす場所にくぼみを作り、卵を落とし、塩を全体にぱらぱらとふり、フタをして5分間、あるいは卵が好みの硬さになるまで蒸し焼きにする。
  9. 白くなった黄身の表面を割って、黄身がきれいに見えるようにして出来上がり。
  10. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • このレシピでは、炒める油分大さじ2のところ、風味を増すためのバターと、バターが焦げないようにするためのオリーブオイルを同量ずつ使いました。好きな油を使ってよいです。
  • ガーリックパウダーがない場合は省いてよいです。
  • 卵の殻が入ると台無しになるので、心配なら、小皿に予め卵を割り入れておき、それをほうれん草に乗せます。
  • ほうれん草を炒めるときに塩を入れると卵に塩味をつけられなくなるので、卵を割り入れてからほうれん草と卵の両方に塩をふります。
  • 卵の硬さは好みで調整できます。しかし白身が流れるほど生のままよりは、白身が流れ出ない程度に硬くするほうが美味しくいただけます。この写真の卵は5分間弱火で蒸し焼きにしました。
  • そのまま食べるときは塩分少な目でも美味しいのですが、パンに乗せてパンごと食べるときはもう少し塩を多くするほうが美味しくいただけると思います。

Tips about cuisine

  • 「ナルゲシ」のペルシャ語(イランの公用語)の綴りは「نرگسی」。
  • 「نرگسی」(ナルゲシ)は「ن ر گ س ی」が「i s g r n」でこれを右から読む。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。