ピラウ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:こしょう、パプリカ、クミンパウダー、コリアンダー
こしょうパプリカクミンコリアンダー

  • トルコ料理

  • 現地表記

    :Pilavı(トルコ語)

  • 概要

    :トルコ風炊き込みご飯

ピラウ

「ピラウ」は日本語化しているピラフと同じ語源で、穀物と具を炊き込んだものを指します。バターだけで炊くごはんも、このレシピのようにお肉やスパイスもいっぱい入ったピラウもあります。このピラウは羊肉を使っていて、さらにトルコでは定番食材のブルグル(挽き割り小麦)を使い、トマト仕立ての風味とあわせてトルコ料理らしさがよく再現できています。トルコのロカンタ(大衆食堂)によくありそうな異国の味を、宜しければ作ってみてください。

材料

2人分):

ブルグル
1C
玉ねぎ
1個
バター
大2
砂糖
小1
トマトピューレ(※1)
大2
鶏がらスープの素(※2)
小1/2
水(※2)
300mL
小1
こしょう
小/4
鷹の爪
1本
羊肉(※3)
100~150g
パプリカパウダー
小1
クミンパウダー
小1
コリアンダーパウダー
小1/2
サラダ油
小1
ハーブ(※4)
少々
  • ※1:トマトピューレのかわりに、トマト缶を汁ごとハンドブレンダーにかけたものを1Cほど加え、その分、水を減らしてもよいです。
  • ※2:鶏がらスープの素と水は、現地のレシピにある「チキンブイヨン」の代用です。
  • ※3:羊肉は塊肉でも、ジンギスカン用のラム肉のような薄切り肉でもよいです。
  • ※4:ハーブ類は、ミント、イタリアンパセリ、バジルなどが合います。なければ省いてもよいです。

調理時間

作り方

  1. ブルグルを洗い、ザルにあげて水気を切っておく。
  2. 玉ねぎをみじん切りにする。
  3. フタができて米が炊ける程度の厚手の鍋にバターを入れ、中火にかけ、融けたら玉ねぎと砂糖を入れ、全体を均一に混ぜながら5分ほど炒め、玉ねぎをキツネ色にする。
  4. フタを外し、ブルグルとトマトピューレを加えて全体を均一に混ぜながら炒める。
  5. 鶏がらスープの素、水、塩、こしょうを加えて全体を混ぜて強火にし、沸いてきたら味見をして、塩加減やトマトの濃さなどを好みに調える。
  6. 包丁の先で鷹の爪に軽く切れ目を入れて鍋に入れ、フタをして弱火で15分炊く。
  7. その間にラム肉を一口サイズに切ってボウルに入れ、パプリカパウダー、クミンパウダー、コリアンダーパウダーをふりかけ、全体が均一になるように手でやさしく揉んでおく。
  8. 小さなフライパンにサラダ油を入れて熱し、羊肉を炒める。
  9. ブルグルが炊けたら羊肉を入れて軽く混ぜ、フタをして3分蒸らす。
  10. その間にハーブを刻んで、ヨーグルトを用意しておく。
  11. 皿に盛り付け、ハーブをちらし、ヨーグルトを添えて出来上がり。
  12. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • ラム肉を炒めるときは、ところどころ軽く焦げ付くように炒めると、仕上がりの風味がよくなります。
  • 鷹の爪の切れ目を大きく入れるほど辛味が強くなります。辛いのが苦手なら切れ目を入れずに加えるか、鷹の爪を省きます。

Tips about cuisine

  • 「ピラウ」のトルコ語(トルコの公用語)の綴りは「Pilav」。
  • 「Pilav」(ピラウ)は炊き込んで調理する穀物料理の意味であり、日本語化しているピラフと同じ語源である。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。