バノック

  • :米国料理、カナダ料理

  • 現地表記

    :Bannock(現地での呼称)

  • 概要

    :スコーンの原型のようなパン

バノック

バノックは、米国やカナダの先住民が作る、イーストを使わず発酵しないパンのこと。揚げるバノックと焼くバノックがあり、形もいろいろなものがあります。現在はアウトドアの人気パンでもあります。今回は焼いたバノックですが、食べてみたら、これはスコーンと同じルーツをもつ料理だということに、その食感からきっと気が付くと思います。

材料

4~6人分):

薄力粉
2C
ベーキングパウダー
小2
小1/4
スキムミルク
大3
砂糖
大1
バター(※1)
大4
砂糖
大1
100mL
  • ※1:バターはマーガリンで代用してもよいです。

調理時間

(生地を寝かす時間を除く)

作り方

  1. ボウルに薄力粉をふるい入れ、ベーキングパウダー、塩、スキムミルクを入れる。
  2. バターを数個に切って入れ、両手で粉をもち、バターを乗せ、手をこするように動かして粉をバターにこすりつける。粉がぽろぽろとそぼろ状になったらその粉を落とし、まだそぼろになっていない粉をバターにこすりつけ、これを繰り返して全ての粉にバターをなじませる。
  3. 水を加えてヘラでさっくりと混ぜ、だいたいひとまとまりになったら、フタをして1時間~1晩放置する。
  4. オーブンを200℃に予熱開始。
  5. 生地を20cmの円盤状に延ばすか、20cmの耐熱皿に敷く。
  6. オーブンに入れ、200℃、15分くらいを目安に焼く。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • このレシピでは、およそ直径20cm、厚さ3cmくらいの仕上がりになります。
  • とかしバターやゆるいバターを加えてはいけません。冷蔵庫から出したての、硬いバターを使います。
  • 牛乳があれば、スキムミルクをなくして水を牛乳に変えてもよいです。
  • 小麦粉の一部を全粒粉に変えると風味が良くなります。
  • 焼き時間は、オーブンの機種等によって変わるので、初回は様子を見て、生焼けにならない時間を測るとよいです。
  • この写真のバノックはタジン鍋、すなわち下からの火のみで焼きました。
  • バノックの生地を一口大にちぎって油で揚げるバノックもあります。
  • このバノックを切り分けたものをスコーンと呼ぶこともあります。

Tips about cuisine

  • 「バノック」の英語(米国、カナダの公用語)の綴りは「Bannock」。
  • 「Bannock」(バノック)はケルト語に由来する単語であると推測されており、スコットランドやアイルランド地方からもたらされたという説がある。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。