ラクサ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2019】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:カイエンペパー
カイエンペパー

  • マレーシア料理、シンガポール料理

  • 現地表記

    :Laksa(マレー語)

  • 概要

    :ココナッツミルク麺

ラクサ

ラクサはマレーシアやシンガポールを代表する麺料理です。地域によってさまざまな味や具のラクサがあり、今回紹介するのは、私が初めてラクサを食べたときの、ココナッツミルクとエビ風味が豊かな、濃厚なラクサです。エビのダシがポイントなので、エビ料理の際の余った殻の有効活用などで作るとよいと思います。

材料

2人分):

1個
チンゲンサイ
1わ
レモン(※1)
スライス2枚
エビの殻のゆで汁
800mL
生姜
少々(※2)
レモングラス
根元を15cm
トマトペースト
小1
鶏がらスープの素
小1/2
おろしにんにく
小2/3
ナンプラー
大2~3
砂糖(※3)
小1/2
小1/4
ココナッツミルクパウダー
大3
味の素
好みで少々
レモン果汁
小2
ブラチャン(※4)
ひとつまみ
サラダ油
大3
カイエンペパー
小1/3
豆板醤
少々
うどん(※5)
2玉
  • ※1:現地では小型のみかんのような柑橘を添えるので、レモンはその代用です。カラマンシーがあればそれを使います。
  • ※2:生姜は、500円玉サイズに輪切りにしたものを2枚使用しています。
  • ※3:砂糖はあれば黒糖を使います。なければグラニュー糖や上白糖でよいです。
  • ※4:ブラチャンは現地の発酵エビペーストです。エビくささのある調味料があるとよいので、タイのカピなど他国のものでもよいです。ない場合は省きます。
  • ※5:うどんは細いものがよいです。米麺でもよいですし、なければラーメン用の中華麺でもよいです。

調理時間

作り方

  1. ゆで卵を作り、室温で冷ます。
  2. チンゲンサイを色よくゆでて冷水にさらし、軽く絞っておく。
  3. レモンのスライスを2枚作っておく。
  4. エビの殻のゆで汁を作る。
  5. 生姜とレモングラスを千切りにする。
  6. カイエンペパーパウダー、豆板醤、サラダ油以外の材料をすべて鍋に入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして10分ほど煮る。
  7. 味見をして、酸味やココナッツミルク加減を好みに調える。
  8. 別の小鍋に油、チリパウダー、豆板醤を入れて炒め、赤くて辛い油を作る。
  9. 赤くて辛い油をスープに、入れてひと混ぜし、味見をして辛さ加減を好みに調える。
  10. うどんの麺をゆでて、ゆで汁を切って器に入れ、スープを注ぎ、チンゲンサイとゆで卵を乗せ、レモンスライスを添えてできあがり。
  11. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • エビの風味が大事なので、エビの殻が手元にたっぷりあるときに作ります。
  • 味見をするときは、ココナッツミルク風味や塩加減がぼけないようにします。

Tips about cuisine

  • 「ラクサ」のマレー語(マレーシア、シンガポールの公用語)の綴りは「Laksa」。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。