トルタンタロン

  • フィリピン料理

  • 現地表記

    :Tortang talong(タガログ語、フィリピン語)

  • 概要

    :なすの平らなオムレツ風料理

トルタンタロン

トルタンタロンはフィリピン人が大好きななすの卵焼きです。大人も子供もみんな大好き。ただのなすではなく、風味が香ばしくて甘みが増した焼きなすを使う点が美味しさ増強のポイントです。焼きなすと卵とケチャップの相性の良さに神がかったものを感じるほどです。シンプルになすと卵だけのレシピもありますが、フィリピン人はよく玉ねぎのみじん切りを入れるので、私も入れています。もっと高級なトルタンタロンにはひき肉が入るものもあります。

材料

2人分):

なす
中長を2本
2個
少々
サラダ油
大1
玉ねぎ
小1/4個
ケチャップ
仕上げにかける量

調理時間

作り方

  1. 大きななすを直火焼きにして、皮を黒く焦がしてパリパリにする。
  2. やや冷めてきたら手に持って、焦げた皮が手につくようにはがし、随時流水で手を洗いながら、なすの皮をすべてはぐ。
  3. ボウルに溶き卵を作り、塩少々を入れてよく撹拌しておく。
  4. 玉ねぎをみじん切りにする。
  5. 溶き卵に焼きなすを入れ、身をフォークで少しずつ押すように潰し、平らな扇形にする。
  6. フライパンにサラダ油を入れて熱し、焼きなすを入れ、フォークかヘラでなすを押して広く平らに伸ばす。
  7. 直ちに玉ねぎみじん切りをなすの上に散らし、ボウルに残った溶き卵を少しかぶせる。
  8. なすをひっくり返して玉ねぎの面を焼く。
  9. 溶き卵が残っていたら、なすにかけて、更にひっくり返して焼く。
  10. 両面焼けたら皿に盛り、ケチャップを好きな量かけてできあがり。
  11. Enjoy!

材料と調理のこつ

Tips about cuisine

  • 「トルタンタロン」のフィリピン語(フィリピンの公用語)ないしタガログ語(フィリピンの言葉の1つ)の綴りは「Tortang talong」。
  • 「Tortang」(トルタン)は平たいケーキや卵焼きなどに使う「トルタ」の活用形で、「talong」(タロン)はなすの意味。よって「Tortang talong」(トルタンタロン)は「なすの平らなオムレツ風料理」という意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です