ウハー

  • ロシア料理、ウクライナ料理

  • 現地表記

    :Уха(ロシア語、ウクライナ語)

  • 概要

    :澄んだ魚のスープ

ウハー

ウハーは魚から出るダシの味をシンプルに味わう料理です。魚の切り身を3種類混ぜるとおいしいと言われていて、実践してみたら、それは確かに美味しかった。家庭料理ですし、地方によっても季節によっても材料は違うのだから、日本で作るときも材料や分量は厳密でなく、塩味だけで「魚のダシが美味しい♪」と思える澄んだスープが作れれば、それがウハーです。

材料

3~4人分):

魚の切り身(※1)
400gくらい
玉ねぎ
1/2個(※2)
にんじん
1/2本(※2)
じゃがいも
1個(※2)
800mL
ベイリーフ
1枚
小2/3
レモンの輪切り又は果汁
少々
ディルやパセリの葉
仕上げに散らす量
  • ※1:魚は白身魚がよいです。また2、3種類の魚をあわせると良い味がでます。
  • ※2:具の量は目安の一例です。好きな量で作ることができます。

調理時間

作り方

  1. 魚の切り身を一口サイズに切る。
  2. 玉ねぎ、にんじん、じゃがいもの皮をむいて食べやすいサイズに切る。
  3. フタができる鍋に魚と野菜と水とベイリーフと塩を入れ、中火にかける。
  4. 沸騰したらフタをしてごく弱火にして、静かに30分ほど煮る。
  5. 味見をして、塩加減を好みに調え、レモンを入れて味を調える。
  6. 器に入れて、ディルやパセリのみじん切りを散らす。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 魚の骨や頭があれば、最初に緩やかに煮て、濾してダシを取っておき、切り身を煮るときに使うと美味しいです。
  • 気にならないのであれば、あくは特に取らなくても大丈夫です。自然に固まって具になじみます。
  • 水が多すぎると味が薄まるので、魚の量が少ないと思われるときは水も少なめからスタートするとよいです。
  • 強火で煮ると濁るので、静かに弱く煮るようにします。
  • スメタナやヨーグルトがあれば、食べるときに1さじ混ぜて食べると、現地風で美味しいです。

Tips about cuisine

  • 「ウハー」のロシア語(ロシアの公用語)及びウクライナ語(ウクライナの公用語)の綴りは「Уха」。
本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です