イカバカミティ

  • フィジー料理

  • 現地表記

    :Ika vakamiti(フィジー語)

  • 概要

    :魚のピリ辛ココナッツミルクソースがけ

イカバカミティ

フィジーのビセイセイ村というローカルな村では、村人の家庭に泊めていただき、凝らない普段のフィジー料理をいろいろと教えていただきました。南の島のイメージの通り、魚とココナッツミルクに恵まれ、各家庭にはレモンの木が植えてあるところでした。魚料理には、この白くて美味しいソースが添えられており、フィジー人おばさんの、「フィジー人は何にでもミティをかけるのよ」という言葉がとても印象的でした。魚とココナッツミルクとは、海洋を移動し、席巻した、ポリネシア人やミクロネシア人の、まさしくソウルフードなのだなと、改めて思うのです。

材料

2人分):

魚(※1)
2人分
少々
ミティ(※2)
100mLくらい
  • ※1:切り身でも1匹魚でもよいです。海の魚がよいです。
  • ※2:ミティの作り方は、≫こちら

調理時間

作り方

  1. 魚を切り身にしたり、内臓を取るなどの下処理をし、フライパンやグリルで両面をしっかりと塩焼きにする。
  2. ミティを添えて、できあがり。
  3. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 魚は種類を問いませんが、フィジーは南の島なので、海の魚が合います。
  • ミティを即席で作る場合は、ココナッツミルク、玉ねぎ、レモン果汁、唐辛子を、お魚ソースとして混ぜます。

Tips about cuisine

  • 「イカバカミティ」のフィジー語の綴りは「Ika vakamiti」。
  • 「イカ」(Ika)は魚、「バカ」(vaka)は英語のwith、「ミティ」(Miti)はココナッツミルクを使ったソースの意味。よって、「イカバカミティ」は、「ココナッツミルクソースをかけた魚」のような意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です