ミティ

  • フィジー料理

  • 現地表記

    :Miti(フィジー語)

  • 概要

    :ココナッツミルクとレモン果汁のピリ辛ソース

ミティ

フィジーのビセイセイ村というローカルな村では、村人の家庭に泊めていただき、凝らない普段のフィジー料理をいろいろと教えていただきました。南の島のイメージの通り、魚とココナッツミルクに恵まれ、各家庭にはレモンの木が植えてあるところでした。魚料理には、この白くて美味しいソースが添えられており、フィジー人おばさんの、「フィジー人は何にでもミティをかけるのよ」という言葉がとても印象的でした。ミティは、油分の多いココナッツミルクをレモン果汁でさっぱりさせ、玉ねぎでおかずとの相性を増し、唐辛子でやみつきのピリ辛さを出した、万能ソースです。

材料

作りやすい量):

ココナッツミルク(※1)
100mL
玉ねぎ
みじん切りで大1
唐辛子(※2)
みじん切りで小1/3(※3)
レモン果汁
大1~2
  • ※1:ココナッツミルクは、日本では缶詰めやパック詰めを使用すると手に入りやすいです。なければココナッツミルクパウダーを濃いめに湯で溶いてから冷ます方法もあります。
  • ※2:生の唐辛子があればよいです。ない場合は乾燥鷹の爪を使います。
  • ※3:唐辛子の量はお好みで加減します。

調理時間

(冷蔵庫で冷やす時間を除く)

作り方

  1. ココナッツミルクを卓上にサーブする容器(または冷蔵庫で保存する容器)に入れる。
  2. 玉ねぎと唐辛子をみじん切りにして、容器に入れる。
  3. レモン果汁を容器に入れる。
  4. 小さなスプーンで静かによく混ぜる。
  5. 食べるときまで冷蔵庫に置いておく。
  6. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 南の島国では、ココナッツから「1番絞り」として水を入れずに圧搾してココナッツクリームを得て、水を足して再度圧搾する「2番絞り」をココナッツミルクとすることが多いのですが、日本ではココナッツクリームはなかなか手に入らないので、ココナッツミルク使用でよいです。
  • フィジーでこのミティを使う定番は、魚料理です。切り身でも丸のままでもよいので、塩焼きや素焼きの魚とあわせると美味しいです。その他ゆでたイモ類にかけて食べられています。
  • 生の唐辛子があれば赤でも緑でも美味しいです。乾燥鷹の爪を使う場合は、少々のぬるま湯に浸して1晩冷蔵庫で置いておくとよいです。
  • 作ってすぐだと、唐辛子から辛味が引き出せていないのと、冷えているほうが美味しいので、例えば1時間くらいでも、冷蔵庫に入れておくと美味しいです。
  • トマトの角切りを加えるレシピもあります。

Tips about cuisine

  • 「ミティ」のフィジー語の綴りは「Miti」。
本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です