マヌルチャンアチ

  • 韓国料理

    、北朝鮮料理

  • 現地表記

    :마늘장아찌(ハングル・チョソングル文字)

  • 概要

    :にんにくの醤油漬け

マヌルチャンアチ

韓国や北朝鮮では伝統的な、にんにくの醤油漬けです。いったん薄い酢に漬けて、引き上げてから醤油に漬けるので、ただ単純な醤油漬けよりも塩分もほどよく、旨味も良い。なかなか良い出来です。日本ではにんにくの旬は5月~7月なので、この時期に出回る旬のにんにくを使って作ると実に美味しいです。

材料

任意のサイズの容器1つ分):

にんにく
容器に入る量
にんにくが浸る量の半分
酢と同量(※1)
醤油
にんにくが浸る量の9割
にんにくが浸る量の1割
砂糖
ひとつまみ
  • ※1:酢と水を同量ずつ注ぐときは、酢と水を同量ずつ少量ずつ交互に注ぐと、計量せずにほぼ同量を注ぐことができます。

調理時間

(漬ける時間を除く)

作り方

  1. にんにくの薄皮を少々残しながら、にんにくがばらばらにならない程度に皮をむく。
  2. 容器ににんにくを詰めて、水と酢を1:1の比率で注ぐ。
  3. フタをしめて、冷暗所で1週間程度置いておく。
  4. ザルにあげてしっかり酢水を抜き、ふたたびにんにくを容器に入れる。
  5. 砂糖少々(ひとつまみ程度~好きな量)を入れ、水と醤油を1:9の比率で注ぐ。
  6. フタをしめて、冷暗所で1週間以上置いておく。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 最初ににんにくを漬けておいた酢水はとても美味しい調味料になりますので、捨てずに、容器に入れて冷蔵庫に入れ、酢煮や酢炒めに使うとよいです。
  • 食べるときは薄皮をはがしていただきます。

Tips about cuisine

  • 「マヌルチャンアチ」のハングル文字・チョソングル文字(韓国や北朝鮮の文字)での綴りは「마늘장아찌」。
  • 「マヌル」(마늘)は「にんにく」の意味。「チャンアチ」(장아찌)は「ピクルス」や「漬物」の意味。よって「マヌルチャンアチ」は「にんにくの漬物」という意味で、ひいては「にんにくの醤油漬け」を表わす言葉になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です