ナシーフ

  • :オマーン料理、アラブ首長国連邦料理、チャド料理

  • 現地表記

    :نا شف(アラビア語)

  • 概要

    :香り高いスパイス煮込み

ナシーフ

ナシーフを初めて食べたのは、一人旅で訪れたオマーンでした。スッとする香りが素晴らしい。美味しいカレー。香気高い美味しいカレー。労働者が昼食を食べにくるような食堂だったからこそ、庶民の味が食べられたのかもしれません。その後、中央部アフリカのチャドまでナシーフが広がっていることを確認いたしました。香りの高さの秘訣の1つは、潰したてのカルダモンや、ガラムマサラ。このカレーは、インドのカレーの記憶とはあまり重ならず、むしろ「アラブのカレー」という味わいであるような気がします。なお「ナシーフ」という単語には、水分が少なめという意味があります。

材料

2人分):

牛肉
200g
200mL
玉ねぎ
1/2個
にんにく
1/2かけ
大2
ターメリックパウダー
小1/2
トマトピューレ
大1
生トマト
1/4個
チリパウダー(※1)
小1/3(※2)
コリアンダーパウダー
大1
クミンパウダー
小1/2
小1/2
コリアンダーの葉
刻んで大1/2くらい
カルダモン
5さや
ガラムマサラ
少々
  • ※1:ここで言うチリパウダーは、赤くて辛い唐辛子の粉末のことです。
  • ※2:辛さの好みに応じた好みの量でよい。

調理時間

作り方

  1. 牛肉を薄く切り、一口サイズに切る(棒状切りもOK)。
  2. 小鍋に牛肉と水を入れてゆっくり煮て、肉を柔らかくしておく。
  3. 玉ねぎは繊維を切るようにスライスし、にんにくをみじん切りにする。
  4. 別の小鍋に油と玉ねぎとにんにくを入れ、中火で炒める。
  5. ターメリックパウダー、トマトピューレ、生トマトを加えてさらに炒める。
  6. チリパウダー、コリアンダーパウダー、クミンパウダーを加えてさらに炒める。
  7. 牛肉を入れてさらに炒める。
  8. コリアンダーの葉をみじん切りにする。
  9. カルダモンのさやを叩き割り、中の種をすりばちですりつぶしておく。
  10. 肉のゆで汁、塩、コリアンダーの葉を入れ、かき混ぜながらとろっとするまで煮詰める。
  11. 味見をして、塩加減や辛さ加減を調える。
  12. 仕上げにガラムマサラとカルダモンを加え、火を止め、混ぜる。
  13. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 牛肉のほか、現地では羊肉を使うことも多いです。
  • トマトの酸味が強く出てしまった場合は、仕上げに砂糖を少々入れるとよいです。

Tips about cuisine

  • 「ナシーフ」のアラビア語(オマーン、アラブ首長国連邦、チャドの公用語)での表記は「نا شف」。「水分が少なめ」という意味合いがあるそうです。
  • 肉(ラッハム)を使ので、この場合は、「ラッハムナシーフ」と呼ぶこともできる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です